近畿益田会


       このページは令和4年(2022年)8月4日(木)更新いたしました

          

部活動の紹介 ~ ハイキング部

トップページへ > 部活動の紹介(ハイキング部)

当ページの紹介

当ページ内へのリンク

ハイキング部の歩み
ハイキング部からのお知らせとお願い
今後のハイキング計画のお知らせ
第222回 ハイキングのお知らせ ~  222mの山に登るハイキング 令和4年9月4日(日)10時 JR草津線「手原駅」集合
近畿益田会ハイキングスライド写真の紹介
ハイキング部の活動紹介~第221ハイキング記事、写真掲載(令和4年7月2日実施)
これまでのハイキングの活動を紹介します(第1回から第221回まで)
これまでのハイキングの計画を紹介します(第1回から第220回まで)
ハイキング部へのお問い合わせ先

近畿益田会ハイキング部の歩み


回目 開催年月日 備 考
第    1回 平成14年(2002年)  3月24日 京都大文字山
第  10回 平成15年(2003年)  9月28日 信貴山
第  20回 平成17年(2005年)  4月24日 長岡天神とサントリービール工場
第  30回 平成18年(2006年)  3月  5日 中山寺梅林と清荒神
第  40回 平成18年(2006年)12月24日、25日 六甲山有馬越え
第  50回 平成19年(2007年)10月28日、29日 ススキの曽爾高原
第  60回 平成20年(2008年)  8月31日、9月1日 高野三山
第  70回 平成21年(2009年)  6月28日、29日 大台ケ原
第  80回 平成22年(2010年)  4月25日、26日 美山かやぶきの里と芦生の森
第  90回 平成23年(2011年)  2月27日 青谷梅林(あおだにばいりん)
第100回 平成23年(2011年)12月11日、12日 南淡路・諭鶴羽山から黒岩水仙郷へ
第110回 平成24年(2012年)10月28日、29日 世界遺産に指定された熊野古道を歩く
第120回 平成25年(2013年)  9月28日 奈良春日山原始林を歩く
第130回 平成26年(2014年)  8月  3日、  4日 六甲山上から有馬温泉へ
第140回 平成27年(2015年)  6月  7日、  8日 しあわせの村
第150回 平成28年(2016年)  4月10日、11日 海津大崎観桜ウォーク
第160回 平成29年(2017年)  2月11日 尼崎の寺町と貯金箱博物館を巡るウォーク
第170回 平成29年(2017年)12月  3日、  4日 元禄ロマン漂う赤穂、そして坂越の街並みを訪ねる
第180回 平成30年(2018年)10月14日、15日 淡路島〈岩屋〉ウォーク、明石海峡の風に誘われて
第190回 令和元年(2019年)  8月  4日、  5日 ふるさと益田を歩く&交流会
第200回 令和2年(2020年)  9月  6日、  7日 有馬富士に登って有馬へ
第210回 令和3年(2021年)  8月  7日 滝畑四十八滝巡り
第220回 令和4年(2022年)  6月  5日、  6日 奥播磨かかしの里と龍野を訪ねて

ハイキングの写真が欲しい方やメッセージなどをご覧いただきたい方はハイキング部専用ページをご覧下さい。ただしハイキング部の会員に限ります。 ハイキング部専用ページへのリンクパスワードはハイキング部の部長までお問い合わせ下さい。なお断りもなくパスワードを変更することがあります。

ハイキング部からのお知らせとお願い

天気予報などの都合で開催予定日を益田会だよりお届け以後に急遽変更する場合があります。初めて参加しようとされた方が、益田会だより記載の予定の日に現地に行かれたというケースがありました。今後は、ホームページで確認いただくか、ハイキング部会の椋会長に電話(090-8190-9237)で確認いただくなど、直前にご確認の上ご参加ください。 

今後のハイキング計画のお知らせ

第226回までの計画です、予定しておいてください。ただし日時、行き先は変更する場合があります。
回目 日時 行き先タイトル 集合場所
第222回 2022年9月4日(日)10時集合 222メートルの山に登るハイキング JR草津線「手原駅」
第223回 野田のコスモスは作付面積縮小のため コースを変更します 大阪方面で検討中
第224回 2022年11月6日(日)10時集合 東寺を訪ねて京都を歩く JR京都駅
第225回 2022年12月3日(土)10時集合 御堂筋となにわ筋の銀杏並木を歩く JR環状線「福島駅」
第226回 2023年1月15日(日)10時集合 上賀茂神社参拝コース 地下鉄烏丸線「北山駅」

第222回ハイキングのお知らせ

第222回ハイキング ~ 222メートルの山に登るハイキング


ハイキング部の皆さんへ、令和4年7月3日現在のお知らせ
今後も猛暑が続くと思われるので8月7日のハイキングは9月4日に順延します。

ハイキング部の皆さんへ、令和4年8月4日現在のお知らせ
毎日暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。8月のハイキングは9月4日(日)に延期されていることはご承知と思いますが念のため。なお、10月のハイキングは近江八幡の「野田のコスモス鑑賞コース」を計画していましたがコロナの影響で作付面積が縮小されるようなのでコースを変更します。大阪方面で検討中です。ご了承ください。

日 時:令和4年9月4日(日)
    10時 JR草津線「手原駅」集合
    草津駅で草津線に乗り換え一つ目の駅です。
コース:手原駅~稲荷神社~歴史民俗資料館~日向山(222m)~旧和中散本舗~手原駅(約7キロ)

今回は222回目のハイキングなので222メートルの日向山(にっこうやま、栗東市)に登ります。北の三上山(みかみやま432m、野洲市)、南の鶏冠山(けいかんざん490m、栗東市)の中間地点にあります。

栗東歴史民俗資料館では黄檗山万福寺の協力により隠元禪師350年記念展「黄檗の華」を開催しています。旧和中散本舗(栗東市)は旧東海道の六地蔵にあります。この地には江戸時代旅人のために道中薬を売る店が数軒ありその中で和中散という薬を売る店として栄えました。和中散という名は徳川家康が腹痛を起こしたときこの薬を献じたところたちまち治ったので家康から直々付けられた名前と言われています。


日向山(にっこうやま)

日向山(にっこうやま)

歴史民俗資料館

▲ページのトップへ戻る

第223回ハイキングのお知らせ

第223回ハイキング ~ 野田のコスモス鑑賞コース


下見をまだしていないので変わる可能性があります。令和4年7月3日現在のお知らせ

日 時:令和4年10月1日(土)
    10時 JR琵琶湖線「近江八幡駅」集合

コース:近江八幡駅~コスモス畑~近江八幡駅(約5キロ)


野田のコスモス

▲ページのトップへ戻る

第224回ハイキングのお知らせ

第224回ハイキング ~ 東寺を訪ねて京都を歩く

日 時:令和4年11月6日(日)
    10時 「JR京都駅」集合

コース:京都駅~東寺東門~東寺南門~羅城門~西寺跡~島原界隈~JR嵯峨線「京都西駅」(約5キロ)


東寺

▲ページのトップへ戻る

第225回ハイキングのお知らせ

第225回ハイキング ~ 御堂筋となにわ筋の銀杏並木を歩く

日 時:令和4年12月3日(土)
    10時  JR環状線「福島駅」集合

コース:福島駅~難波筋~靭公園~長堀通~御堂筋~船場~南御堂~淀屋橋~お初天神~大阪駅(約7キロ)
   (ハイキングのあと可能であれば忘年会)


御堂筋の銀杏並木

▲ページのトップへ戻る

第226回ハイキングのお知らせ

第226回ハイキング ~ 上賀茂神社参拝コース

日 時:令和5年1月15日(日)
    10時 地下鉄烏丸線「北山駅」集合

コース:地下鉄烏丸線「北山駅」~北山通~賀茂川~上賀茂神社~柊野の別れ~府立植物園~北大路駅(約8キロ)


上賀茂神社

▲ページのトップへ戻る

近畿益田会ハイキングのスライド写真を紹介します

近畿益田会のfacebookに写真を掲載していますのでご覧ください
近畿益田会のfacebookに第221回ハイキングの写真を掲載していますのでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebookは ⇒ こちらからどうぞ
▼ 益田会会員のfacebookは ⇒ こちらからどうぞ

スライド写真は下記で(youtube)BGM入り
第221回 令和4年(2022年)  7月  2日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)07分42秒 渡船で大阪の低山へ
第220回 令和4年(2022年)  6月  5日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)16分41秒 奥播磨かかしの里と龍野を訪ねて(1日目~かかしの里を訪ねて)
第220回 令和4年(2022年)  6月  6日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)09分27秒 奥播磨かかしの里と龍野を訪ねて(2日目~龍野を訪ねて)
第219回 令和4年(2022年)  4月30日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)18分12秒 野田の藤鑑賞ハイキング
第218回 令和4年(2022年)  4月  2日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)17分37秒 神戸・桜鑑賞ウォーク
番外編  令和4年(2022年)  3月12日(BGM入り)08分11秒 男山から淀の河津桜観桜ウォーク
第217回 令和4年(2022年)  3月  6日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)08分38秒 城陽の青谷梅林
第216回 令和4年(2022年)  2月  5日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)18分47秒 住吉大社参拝コース
第215回 令和4年(2022年)  1月  9日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)27分25秒 近江神宮初詣ウォーク
第214回 令和3年(2021年)12月  4日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)15分52秒 堺の古墳とピラミッド
第213回 令和3年(2021年)11月  6日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)25分40秒 長岡京の社寺巡り
第212回 令和3年(2021年)10月  9日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)17分58秒 般若寺のコスモス鑑賞ウォーク
第208回 令和3年(2021年)  6月  5日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)16分55秒 柳生街道を歩く
第207回 令和3年(2021年)  5月15日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)27分54秒 五色塚古墳から舞子浜へ
第206回 令和3年(2021年)  4月  3日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)17分44秒 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩く
第205回 令和3年(2021年)  3月10日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)14分00秒 追分梅林と大和民族博物館
第206回 令和3年(2021年)  2月20日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)15分45秒 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩く下見
第204回 令和3年(2021年)  2月  6日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)14分42秒 上町台地の史跡とコリアタウンを歩く
第203回 令和3年(2021年)  1月17日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)22分59秒 伊丹七福神を歩く
第202回 令和2年(2020年)11月  1日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)20分31秒 甘南備山と一休寺の紅葉
第201回 令和2年(2020年)10月  3日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)16分27秒 天の香具山から藤原京跡へ
第200回 令和2年(2020年)  9月  6日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)17分58秒 有馬富士に登って有馬へ
第199回 令和2年(2020年)  8月  1日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)19分40秒 松尾大社・鈴虫寺から東海自然歩道を歩く
第198回 令和2年(2020年)  7月  5日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)21分35秒 涼を求めて宇治川を歩く
第197回 令和2年(2020年)  3月15日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)13分32秒 醍醐寺の観桜ウォークの下見
第196回 令和2年(2020年)  2月  1日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)11分12秒 野間の大ケヤキ
第195回 令和2年(2020年)  1月11日(BGMは薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)24分51秒 神戸八社で厄除祈願
第194回 令和元年(2019年)12月  1日(BGMは島根県民歌&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)13分25秒 八尾空港と八尾の史跡を訪ねて
第193回 令和元年(2019年)11月  2日(BGMは島根県民歌&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)17分44秒 府民の森・ほしだ園地と星のブランコ
第192回 令和元年(2019年)10月  5日(BGMは島根県民歌&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)20分18秒 彼岸花咲く山の辺の道
第191回 令和元年(2019年)  9月  7日(BGMは島根県民歌&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)22分48秒 愛宕山に登る
第190回 令和元年(2019年)  8月  4日、5日(ひとまろビジョン&スライドショーBGMは益田市歌)38分41秒 ふるさと益田を歩く(表匹見峡)&交流懇親会&みと自然の森散策
第190回 令和元年(2019年)  8月  4日(ひとまろビジョンより)04分02秒 ふるさと益田を歩く、表匹見峡
第190回 令和元年(2019年)  8月  5日(BGMは益田市歌)04分26秒 みと自然の森散策
第190回 令和元年(2019年)  8月  4日(BGMは益田市歌)30分13秒 ふるさと益田を歩く&交流会
第189回 令和元年(2019年)  7月  6日(BGMは益田市歌)22分54秒 琵琶湖畔を歩く
第188回 令和元年(2019年)  6月  8日(BGMは益田市歌)23分06秒 渡船に乗って舞洲へ
第187回 令和元年(2019年)  5月11日(BGMは益田市歌)31分16秒 三大神社の藤と烏丸半島
第186回 平成31年(2019年)  3月31日(BGMは益田市歌)19分36秒 桜と山吹の井手の里を巡る
第185回 平成31年(2019年)  3月  2日(BGMは益田市歌)26分01秒 信楽焼と高原ウォーク
第183回 平成31年(2019年)  1月12日(BGMは益田市歌)27分11秒 伏見稲荷と稲荷山
第182回 平成30年(2018年)12月  2日(BGMは島根県民歌&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃ)23分20秒 近つ飛鳥風土記の丘から持尾城跡を経て弘川寺へ
第181回 平成30年(2018年)11月  3日(BGMは益田市歌)19分57秒 金蔵寺と大原野神社コース
第179回 平成30年(2018年)  9月  2日(BGMは益田市歌)27分25秒 白帆が招く海辺のコース(西宮浜)
第178回 平成30年(2018年)  8月  5日(BGMは益田市歌)17分58秒 河内飯盛山コース
第178回 平成30年(2018年)  7月30日(BGMはジャズ)28分35秒 河内飯盛山コースの下見
第177回 平成30年(2018年)  7月14日(BGMは益田市歌)15分59秒 新幹線公園コース
第176回 平成30年(2018年)  6月  3日(BGMは益田市歌)23分27秒 馬見丘陵公園のしょうぶ
第175回 平成30年(2018年)  4月28日(BGMは新益田音頭)16分27秒 浅香山緑道のつつじと大和川河川敷を歩く
第175回 平成30年(2018年)  4月28日(BGMは益田市歌) 16分27秒 浅香山緑道のつつじと大和川河川敷を歩く
第174回 平成30年(2018年)  4月  1日(BGMは新益田音頭)17分02秒 幻の大仏鉄道遺構めぐり
第173回 平成30年(2018年)  3月  4日(BGM入り)25分47秒 流れ橋を渡って木津川散策
第172回 平成30年(2018年)  2月  4日(BGM入り)20分53秒 岡本梅林と酒蔵めぐり
第171回 平成30年(2018年)  1月13日(BGMは新益田音頭)23分55秒 日吉大社と八王子山
第169回 平成29年(2017年)11月  4日(BGMは新益田音頭)23分43秒 嵯峨野紅葉ウォーク
第167回 平成29年(2017年)  9月  2日(BGMは益田市歌)15分03秒 夙川沿いの桜並木から北山緑化植物園へ
第166回 平成29年(2017年)  8月  6日(BGM入り)14分20秒 箕面公園・こもれびの森から箕面大滝へ
第162回 平成29年(2017年)  4月  8日(BGM入り)14分20秒 八尾玉串川の桜並木と寺内町
第162回 平成29年(2017年)  4月  8日(BGM入り)05分02秒 八尾玉串川の桜並木と寺内町「合唱会&ゆうと君の鉄棒」
第160回 平成29年(2017年)  2月11日(BGM入り)21分15秒 尼崎の寺町と貯金箱博物館を巡るウォーキング
第159回 平成29年(2017年)  1月14日(BGM入り)17分23秒 多田源氏ゆかりの地を巡る
第158回 平成28年(2016年)12月  4日(BGM入り)20分18秒 大阪冬の陣・真田丸ウォーク
第157回 平成28年(2016年)11月  5日(BGM入り)11分54秒 多武峰・飛鳥の里コース
第155回 平成28年(2016年)  9月  3日(BGM入り)15分31秒 ホテイアオイ鑑賞と今井町の街並み
第154回 平成28年(2016年)  8月  7日(BGM入り)10分30秒 葛城の道ウォーク
第153回 平成28年(2016年)  7月  2日(BGM入り1)09分48秒 蜻蛉(とんぼ)池公園のアジサイ
第153回 平成28年(2016年)  7月  2日(BGM入り2)09分48秒 蜻蛉(とんぼ)池公園のアジサイ
第152回 平成28年(2016年)  6月  4日(BGM入り)09分48秒 竹の経と古墳めぐり
第151回 平成28年(2016年)  5月  7日(BGM入り)07分21秒 服部緑地公園とビール工場見学
第150回 平成28年(2016年)  4月10日(BGM入り)08分03秒 海津大崎観桜ウォーキング
第140回 平成27年(2015年)  6月  7日(BGM入り)04分05秒 しあわせの村(1日目)
第140回 平成27年(2015年)  6月  8日(BGM入り)03分37秒 しあわせの村(2日目)
第138回 平成27年(2015年)  4月  4日(BGM入り)05分15秒 背割堤の桜とビール工場見学


スライド写真は下記で(youtube)BGMなし
第221回 令和4年(2022年)  7月  2日(BGMなし)07分42秒 渡船で大阪の低山へ
第220回 令和4年(2022年)  6月  5日(BGMなし)16分41秒 奥播磨かかしの里と龍野を訪ねて(1日目~かかしの里を訪ねて)
第220回 令和4年(2022年)  6月  6日(BGMなし)09分27秒 奥播磨かかしの里と龍野を訪ねて(2日目~龍野を訪ねて)
第219回 令和4年(2022年)  4月30日(BGMなし)18分12秒 野田の藤鑑賞ハイキング
第218回 令和4年(2022年)  4月  2日(BGMなし)17分37秒 神戸・桜鑑賞ウォーク
番外編  令和4年(2022年)  3月12日(BGMなし)08分11秒 男山から淀の河津桜観桜ウォーク
第217回 令和4年(2022年)  3月  6日(BGMなし)08分38秒 城陽の青谷梅林
第216回 令和4年(2022年)  2月  5日(BGMなし)18分47秒 住吉大社参拝コース
第215回 令和4年(2022年)  1月  9日(BGMなし)29分46秒 近江神宮初詣ウォーク
第214回 令和3年(2021年)12月  4日(BGMなし)15分52秒 堺の古墳とピラミッド
第213回 令和3年(2021年)11月  6日(BGMなし)25分40秒 長岡京の社寺巡り
第212回 令和3年(2021年)10月  9日(BGMなし)17分58秒 般若寺のコスモス鑑賞ウォーク
第208回 令和3年(2021年)  6月  5日(BGMなし)16分55秒 柳生街道を歩く
第207回 令和3年(2021年)  5月15日(BGMなし)27分54秒 五色塚古墳から舞子浜へ
第206回 令和3年(2021年)  4月  3日(BGMなし)17分44秒 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩く
第205回 令和3年(2021年)  3月10日(BGMなし)14分00秒 追分梅林と大和民族博物館
第206回 令和3年(2021年)  2月20日(BGMなし)15分45秒 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩く下見
第204回 令和3年(2021年)  2月  6日(BGMなし)14分42秒 上町台地の史跡とコリアタウンを歩く
第203回 令和3年(2021年)  1月17日(BGMなし)22分59秒 伊丹七福神を歩く
第202回 令和2年(2020年)11月  1日(BGMなし)20分31秒 甘南備山と一休寺の紅葉
第201回 令和2年(2020年)10月  3日(BGMなし)16分27秒 天の香具山から藤原京跡へ
第200回 令和2年(2020年)  9月  6日(BGMなし)17分58秒 有馬富士に登って有馬へ
第199回 令和2年(2020年)  8月  1日(BGMなし)19分40秒 松尾大社・鈴虫寺から東海自然歩道を歩く
第198回 令和2年(2020年)  7月  5日(BGMなし)21分35秒 涼を求めて宇治川を歩く
第197回 令和2年(2020年)  3月15日(BGMなし)13分32秒 醍醐寺の観桜ウォークの下見
第196回 令和2年(2020年)  2月  1日(BGMなし)11分12秒 野間の大ケヤキ
第195回 令和2年(2020年)  1月11日(BGMなし)24分51秒 神戸八社で厄除祈願
第194回 令和元年(2019年)12月  1日(BGMなし)13分25秒 八尾空港と八尾の史跡を訪ねて
第193回 令和元年(2019年)11月  2日(BGMなし)17分44秒 府民の森・ほしだ園地と星のブランコ
第192回 令和元年(2019年)10月  5日(BGMなし)20分18秒 彼岸花咲く山の辺の道
第191回 令和元年(2019年)  9月  7日(BGMなし)22分48秒 愛宕山に登る
第190回 令和元年(2019年)  8月  4日、5日(ひとまろビジョン&スライドショーBGMなし)38分41秒 ふるさと益田を歩く(表匹見峡)&交流懇親会&みと自然の森散策
第190回 令和元年(2019年)  8月  4日(ひとまろビジョンより)04分02秒 ふるさと益田を歩く、表匹見峡
第190回 令和元年(2019年)  8月  5日(BGMなし)04分26秒 みと自然の森散策
第190回 令和元年(2019年)  8月  4日(BGMなし)30分13秒 ふるさと益田を歩く&交流会
第189回 令和元年(2019年)  7月  6日(BGMなし)22分54秒 琵琶湖畔を歩く
第188回 令和元年(2019年)  6月  8日(BGMなし)23分06秒 渡船に乗って舞洲へ
第187回 令和元年(2019年)  5月11日(BGMなし)31分16秒 三大神社の藤と烏丸半島
第186回 平成31年(2019年)  3月31日(BGMなし)19分36秒 桜と山吹の井手の里を巡る
第185回 平成31年(2019年)  3月  2日(BGMなし)26分01秒 信楽焼と高原ウォーク
第183回 平成31年(2019年)  1月12日(BGMなし)27分11秒 伏見稲荷と稲荷山
第182回 平成30年(2018年)12月  2日(BGMなし)23分20秒 近つ飛鳥風土記の丘から持尾城跡を経て弘川寺へ
第181回 平成30年(2018年)11月  3日(BGMなし)19分57秒 金蔵寺と大原野神社コース
第179回 平成30年(2018年)  9月  2日(BGMなし)27分25秒 白帆が招く海辺のコース(西宮浜)
第178回 平成30年(2018年)  8月  5日(BGMなし)17分58秒 河内飯盛山コース
第178回 平成30年(2018年)  7月30日(BGMなし)28分35秒 河内飯盛山コースの下見
第177回 平成30年(2018年)  7月14日(BGMなし)15分59秒 新幹線公園コース
第176回 平成30年(2018年)  6月  3日(BGMなし)23分27秒 馬見丘陵公園のしょうぶ
第175回 平成30年(2018年)  4月28日(BGMなし)16分27秒 浅香山緑道のつつじと大和川河川敷を歩く
第174回 平成30年(2018年)  4月  1日(BGMなし)17分02秒 幻の大仏鉄道遺構めぐり
第173回 平成30年(2018年)  3月  4日(BGMなし)25分47秒 流れ橋を渡って木津川散策
第172回 平成30年(2018年)  2月  4日(BGMなし)20分53秒 岡本梅林と酒蔵めぐり
第171回 平成30年(2018年)  1月13日(BGMなし)23分55秒 日吉大社と八王子山
第169回 平成29年(2017年)11月  4日(BGMなし)23分43秒 嵯峨野紅葉ウォーク
第167回 平成29年(2017年)  9月  2日(BGMなし)15分03秒 夙川沿いの桜並木から北山緑化植物園へ
第166回 平成29年(2017年)  8月  6日(BGMなし)14分20秒 箕面公園・こもれびの森から箕面大滝へ
第162回 平成29年(2017年)  4月  8日(BGMなし)14分20秒 八尾玉串川の桜並木と寺内町
第160回 平成29年(2017年)  2月11日(BGMなし)21分15秒 尼崎の寺町と貯金箱博物館を巡るウォーキング
第159回 平成29年(2017年)  1月14日(BGMなし)17分23秒 多田源氏ゆかりの地を巡る
第158回 平成28年(2016年)12月  4日(BGMなし)20分18秒 大阪冬の陣・真田丸ウォーク
第157回 平成28年(2016年)11月  5日(BGMなし)11分54秒 多武峰・飛鳥の里コース
第155回 平成28年(2016年)  9月  3日(BGMなし)15分31秒 ホテイアオイ鑑賞と今井町の街並み
第154回 平成28年(2016年)  8月  7日(BGMなし)10分30秒 葛城の道ウォーク
第153回 平成28年(2016年)  7月  2日(BGMなし)09分48秒 蜻蛉(とんぼ)池公園のアジサイ
第152回 平成28年(2016年)  6月  4日(BGMなし)09分48秒 竹の経と古墳めぐり
第151回 平成28年(2016年)  5月  7日(BGMなし)07分21秒 服部緑地公園とビール工場見学
第150回 平成28年(2016年)  4月10日(BGMなし)08分03秒 海津大崎観桜ウォーキング
第150回 平成28年(2016年)  4月11日(BGMなし)01分17秒 天皇神社や小野神社
第140回 平成27年(2015年)  6月  7日(BGMなし)04分05秒 しあわせの村(1日目)
第140回 平成27年(2015年)  6月  8日(BGMなし)03分37秒 しあわせの村(2日目)
第138回 平成27年(2015年)  4月  4日(BGMなし)05分15秒 背割堤の桜とビール工場見学

▲ページのトップへ戻る

ハイキング部の活動紹介

第221回ハイキング ~ 渡船で大阪の低山へ

コース:芦原橋駅~落合上渡~昭和山(33m)~落合下渡~西成公園~鶴見橋商店街~地下鉄四つ橋線「花園町駅」(約5キロ)
令和4年7月2日(土)晴
参加者 12名

7月2日(土)日本列島が高気圧に覆われ猛暑の続く中ではありましたが第221回ハイキングを実施しました。参加者12名。

10時環状線芦原橋駅をスタート、コースを間違い遠回りをして時間がかかりましたが、やっとの思いで「落合上渡し」にたどり着き11時30分の渡しに乗船、木津川を渡って対岸の大正区の千鳥公園に到着して昼食を摂りました。食後標高33mの頂上に登りあべのハルカスなど360度の眺望を楽しみ昭和山の標柱をバックに写真を撮りました。そのあと少し南に下り「落合下渡し」から対岸の西成区に渡り西成公園で小休止、シャッターを下した商店が多く目立つ鶴見橋商店街を歩いて地下鉄花園町駅で14時30分ごろ解散しました。暑い暑いほんまに暑いハイキングでした。

昭和山(標高33m)山頂の標柱をバックに

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 渡船で大阪の低山へ(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)07分42秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 渡船で大阪の低山へ(スライド写真 BGMはありません)07分42秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第221回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第220回記念ハイキング ~ 奥播磨かかしの里と龍野を訪ねて

コース
1日目(6月5日) 大阪梅田9時45分出発 ~(阪神高速・中国道)~ 山崎IC ~ エーコープ安富店(買い物)~ かかしの里散策 ~ 姫路市立グリーンステーション鹿ケ壺チェックイン ~ コテージ(泊)

2日目(6月6日) 9時30分鹿ケ壺チェックアウト ~ 龍野町(散策)~ 龍野IC ~(山陽道)~ 大阪梅田(15時ごろ解散)

令和4年6月5日(日)曇り、6日(月)雨
参加者 19名

6月5日(日)から6日(月)にかけて第220回ハイキングを実施しました。5日9時45分に西梅田の大阪モード学園前を貸し切りバスで出発、阪神高速から中国道を走り11時ごろ加西SAに停車、早めの昼食を摂つたあと引き続き中国道を走り山崎ICを降りて「かかしの里」へ向かう途中のスーパーに寄って夕食の弁当、朝食を買いこみました。13時ごろ「かかしの里」に到着、「ふるさとかかしギャラリー」や「かかしの教室」などを見て、バス停留所のところに座っている「2人のかかし」と一緒に写真を撮りました。かかしの里の人口は9戸の13人、ここに「かかし」が10倍の130体点在します。かかしを利用して街おこしをしようと2008年にかかし作りが始まり毎年秋には「かかしサミット」が開かれ県内外から1日に2千から3千の人が集まつたそうです。かかしを見たあとチェックインには少し早いので鹿ケ壷の方へ登って行き一番手前の尻壷を見ることが出来ました。14時半ごろチェックインして女子が1室、男子が2室に別れてコテージに入り歓談をし、夕食を摂り今後のハイキングのことなどを話し合って就寝し1日目を終わりました。

2日目は雨で明けました。それぞれ朝食を済ませて9時30分にグリーンステーション鹿ケ壷を出発たつの市に向かいました。途中中国道を過ぎたところで植木野天神に寄り、おそらく1000年以上は経っていると思われるムクの大木を見ました。そのあと林田川、揖保川を渡つて龍野町に入り三木露風の「赤とんぼの歌碑」、龍野城、三木露風の生家などを見ましたが醤油資料館や龍野歴史文化資料館など多くが月曜日休館のところが多く残念でした。「赤とんぼ荘」で昼食を摂つたあと山陽道を走り途中三木SAに寄って買い物を済ませ、山陽道、中国道、阪神高速を走って15時ごろ大阪駅に到着、解散しました。

220回ハイキングの精算ができましたので報告します。
収入
12,000円×19人=228,000円
支出
1. バス会社          124,600円
   内訳 バス貸し切り料    110,000円
      高速代          7,600円
      ドライバー宿泊料     7,000円
2. コテージ           77,300円
   内訳 7人用         20,300円
     10人用         28,500円×2棟
3. ビール代            5,382円
4. その他(ドライバー心付け)   7,000円

支出計        214,282円
差し引き残高      13,718円

なお、残高はハイキング部会計に入れさせて頂きます。 

かかしと一緒に(どれがかかしかな)

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 1日目~奥播磨 かかしの里を訪ねて(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)16分41秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 1日目~奥播磨 かかしの里を訪ねて(スライド写真 BGMはありません)16分41秒 ⇒ こちらからどうぞ

▼ 2日目~奥播磨 龍野を訪ねて(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)09分27秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 2日目~奥播磨 龍野を訪ねて(スライド写真 BGMはありません)09分27秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 奥播磨かかしの里 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 鹿ケ壺コテージ ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第220回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第219回ハイキング ~ 野田の藤鑑賞ハイキング

コース:野田駅~下福島公園~堂島大橋~中之島通り遊歩道~中之島緑道~中之島公園バラ園~中之島公園芝生広場~中之島公園剣先噴水~大阪天満宮~JR天満駅(約7キロ)
令和4年4月30日(土)晴
参加者 17名

第219回ハイキングは計画を変更して1日繰り上げ4月30日(土)に実施しました。昨日の土砂降りの雨がからりと上がり五月晴れの絶好のハイキング日和となりました。参加者17名。今回は緒方さんの友達の太原(おおはら)百合さん(神戸市東灘区御影在住、愛媛県出身)が初参加でした。

10時JR野田駅をスタート、すでに「藤まつり」が終わり花も散っているという情報なので極楽寺、恵比寿神社、天神社、春日神社は寄らずに下福島公園に向かいました。藤棚は沢山ありましたが花は残念ながら終わっていました。ここの「野田ふじ」は今から600年前からその美しさで知られ室町幕府二代将軍足利義詮が詠んだ歌が有名で野田の地名が全国的なものとなったと言われています。「吉野の桜、高尾の紅葉、野田の藤」は日本三大名所と言われています。

下福島公園を後にして堂島大橋を渡り中之島公園を目指して歩きました。大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪、日本銀行大阪支店、大阪市役所、中央公会堂を過ぎ難波橋のところから中之島公園のバラ園に入りここで昼食にしました。バラ園には「プリンセス愛子」など赤や白など沢山のバラが咲いており、大勢の客で賑わっていました。食後バラをバックに写真を撮り、公園の端まで行き噴水を見たあと天神橋を渡って大阪天満宮に向かいました。参拝のあと折角なので隣にある寄席の「繁昌亭」を見たあとJR天満駅に向かう人、地下鉄に向かう人に別れ解散しました。

中之島公園のバラをバックに
中之島公園のバラをバックに
中之島公園のバラをバックに

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 野田の藤鑑賞ハイキング(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)18分12秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 野田の藤鑑賞ハイキング(スライド写真 BGMはありません)18分12秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第219回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第218回ハイキング ~ 神戸・桜鑑賞ウォーク

コース:西灘駅~西郷川河口公園~都賀川~護国神社~桜のトンネル~王子公園~阪急「王子公園」駅(約7キロ)
令和4年4月2日(土)晴
参加者 19名

4月2日(土)第218回ハイキングを実施、晴 参加者19名。今回は、吉田麻里さん(旧姓波佐本、東町出身)夫妻が初参加でした。10時阪神西灘駅スタート、10分ほど歩いて西郷川河口公園に到着。ここで準備体操をし一休みした後西灘駅に戻りJR線に沿って東に向かって歩き都賀川に出ました。六甲山からきれいな水が流れ出ており両岸には満開の桜が連なっていました。2008年7月28日15時ごろ神戸市に突発的な集中豪雨が発生し、都賀川で水遊びをしていた人たちが急激な水位上昇により流され幼稚園児など5人が死亡した痛ましい事故がありました。

11時ごろ護国神社に到着、ここは兵庫県東部(伊丹、摂津、淡路など)ゆかりの戦没者53,257柱が祀られている神社です。すぐ近くの公園で昼食をとった後満開の桜をバックに写真を撮り、久しぶりに益田市歌を合唱しました。そのあと西に向かって歩き急な坂道を上って摩耶ケーブル駅に着き隣接の公園で休憩して、いよいよ目当ての桜のトンネルを歩きました。桜の木の間から神戸の海が見えました。南北約400mの急な坂道の両側にソメイヨシノの大木約70本が植えられており、桜は満開まさに「桜のトンネル」です。土曜日でしかも見ごろとあって大勢の見物客が歩いており、また桜目当ての自家用車も沢山走っていました。坂を下って国道に出て王子動物園に向かいました。ここの桜も満開、動物園は一杯の家族ずれで賑わっていました。入場券を求めて長い列ができていました。このあと阪急「王子公園駅」に向かいここで解散しました。今回は桜がどこもかしこも満開で桜を堪能したハイキングでした。

満開の桜をバックに

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 神戸・桜鑑賞ウォーク(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)17分37秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 神戸・桜鑑賞ウォーク(スライド写真 BGMはありません)17分37秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 近畿益田会の会員facebook(参考まで)⇒ こちらからどうぞ

▼ 第218回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

番外編ハイキング ~ 男山から淀の河津桜観桜ウォーク

コース:京阪橋本駅~あらかし公園展望台(休憩)~石清水八幡宮~男山展望台(昼食)~エジソン記念碑~男山レクセン~ひだまりルート~鳩ヶ峰山頂(標高142m)~神應寺(じんのうじ)~杉山谷不動尊~石清水八幡宮五輪塔~高良神社~石清水八幡宮一ノ鳥居~石清水八幡宮駅~さくらであい館(休憩)~宇治川堤防~淀大橋~淀緑地東口~淀の河津桜~淀城跡~京阪淀駅(約?キロ)

令和4年3月12日(土)晴
参加者 5名

【コース詳細と見どころ】
京阪・橋本、昭和初期の遊郭跡や橋本道の碑、あらかし近隣公園(子供に人気のある滑り台がある)の中を歩く、あらかし展望台(大阪方面の眺望が楽しめる)車での参拝道で石清水八幡宮に、楠木正成が戦勝軍利を祈り植えたと言われる楠の大樹(京都府の天然記念物)幹周 7m 樹高26m 樹冠周囲は何と40mも有り 根周りも18mと根張りも立派なモノです。石清水八幡宮 三ノ鳥居から一ッ石、参道を通り、石清水八幡宮の南総門から入り八幡宮参拝、楼門から西総門、北総門、東総門の順に散策、神楽殿のクスノキ(府指定天然記念物)や御神木の「楠」おがたまの木、末社など。裏参道側を通り男山展望台へ、京都方面が一望できる絶景の場所、ケーブル山頂駅の側を通り八幡宮駐車場へ、エジソン記念碑、男山レクリエーションセンターの側を通り「ひだまりルート」で鳩ヶ峰山頂へ(標高142m)すでに高い位置に上っているのでわずかな上り(山頂と言っても眺望は良くない)竹林を通り下山、途中、ケーブルの上り下りの交差が上から見られる、神應寺(じんのうじ)の鐘楼を見て下山、今度はケーブルの上り下りの交差が低い位置から見られる、杉山谷不動尊へ、杉山谷不動尊は厄除け不動明王があり信仰を集める神應寺の奥の院。不動のそばにひめきの滝と呼ばれる谷川がある。

石清水八幡宮五輪塔(航海記念塔)高さ約6m、地輪(球形の石材の下の方形の部分)1辺2.4m、全国最大規模の鎌倉時代の五輪石塔で、国の重要文化財に指定されている。高良神社へ、高良神社御神木タブノキ樹齢700年、根回り7.5m、樹高約24m、樹冠周囲約30m、京都の自然200選に選定されています。源頼朝の手植えの松と伝わる伝承の松。現在の松は2代目。安居橋(たいこ橋)、石清水八幡宮頓宮、筒井、石清水八幡宮のある男山には5箇所に名水の出る所があり一の鳥居に一番近い筒井はその中でも 一番の清水だと言われている。放生池、夏から秋にかけて咲くアサザという珍しい水生植物がある。石清水八幡宮一ノ鳥居をくぐり、やわた走井餅老舗前へ、走井餅は江戸時代中期の明和元年(1764年)に大津で創業、湧水「走井」を用いて、初代井口市郎右衛門正勝が餡餅を作ったことに始まります。東高野街道を通って石清水八幡宮駅に(旧八幡市駅)、ここにコンビニがある。御幸橋(木津川)を渡り淀川三川合流域さくらであい館へ、休憩コーナーで昼食トイレ休憩(又は背割堤で昼食)さくらであい館展望塔へ、宇治川堤防・八幡宇治線(府道81号線)京阪本線踏切を渡り直進、淀大橋を渡り宇治川対岸へ、宇治川の堤防を歩き淀緑地東口へ、ここから淀の河津桜散策路、淀水路に咲き誇る「河津桜」の並木、見頃は2月下旬~3月上旬、河津桜並木は京阪本線まで続く、時間があれば淀城跡へ、淀の水車の碑(ここにも河津桜がある)~京阪淀駅(解散)

▼ 上記のPDFは ⇒ こちらからどうぞ


淀の河津桜

淀の河津桜

神應寺から男山ケーブル

男山展望台

あらかし公園展望台

石清水八幡宮五輪塔

杉山谷不動尊


石清水八幡宮南総門

男山展望台に於いて昼食

鳩ヶ峰山頂(標高142m)

鳩ヶ峰山頂(三角点)

鳩ヶ峰山頂

鳩ヶ峰山頂

淀の河津桜

淀の河津桜

淀の河津桜

淀の河津桜

淀城(三等三角点)

淀城跡

▼ 男山から淀の河津桜観桜ウォーク(スライド写真 BGM入り)8分11秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 男山から淀の河津桜観桜ウォーク(スライド写真 BGMなし)8分11秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 近畿益田会の会員facebook(参考まで)⇒ こちらからどうぞ

▼ 番外編ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

※ 令和3年(2021年)3月4日(木)単独ウォーク(参考まで)
▼ 男山から淀の河津桜観桜ウォーク(スライド写真 BGMはありません)38分20秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 令和2年(2020年)3月9日(月)単独ウォーク(参考まで)
▼ 男山から淀の河津桜と淀界隈散策(スライド写真 BGMはありません)42分48秒 ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第217回ハイキング ~ 城陽の青谷梅林

コース:山城青谷駅~中天満神社~龍福寺~青谷梅林~山城青谷駅(約5キロ)
令和4年3月6日(日)晴
参加者 18名

3月6日(日)第217回ハイキング実施。天候晴、参加者18名。 10時JR奈良線「山城青谷駅」スタート約20分歩いて中天満神社へ、創建は不明ですが祭神はもちろん菅原道真です。少し休憩してすぐ近くの龍福寺へ、ここは浄土宗の寺で創建は1674年、片腕を頬に当てた姿の地蔵菩薩が歯痛を表しているように見えて「歯痛地蔵尊」と言われています。また少し歩いてふれあい農園のところを右手にとると梅林が目に入ってきました。青谷梅林は東京ドーム約4個分と言われる広大な土地に約1万本の梅の木が植えられています。しかし、残念ながら梅はほとんど咲いていませんでした。今年はコロナで「梅まつり」は中止です。本来ならここでゆっくりするところですがが中に入れないので少し離れたところの梅林へ場所を移しここで昼食にしました。ここの梅林は満開に近い木もあったのでそれをバックにして写真を撮りました。このあと「山城青谷駅」に帰って近くの梅林に寄るとここの梅はほぼ満開でした。 ここで少し休憩して2時過ぎの電車に乗って帰途につきました。

このコースは第90回(平成23年2月27日)に山城青谷駅の1つ京都寄りの長池駅に集合して旦椋(あさくら)神社から青谷梅林へ、そして市辺天満神社から山城青谷駅へと歩いています。参加者は石田、金井、岸本(2人)、黒原、佐々木(2人)、庄司、銭本、谷、西田(2人)、土生、原田巌(2人)、藤原辯(2人)、椋(2人)、森元(2人)、島田、豊田(2人)、早内、舛添の皆さん計25名でした。

青谷梅林に於いて
山城青谷駅近くの梅林に於いて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 城陽の青谷梅林(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)8分38秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 城陽の青谷梅林(スライド写真 BGMはありません)8分38秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 近畿益田会の会員facebook(参考まで)⇒ こちらからどうぞ

▼ 第217回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第216回ハイキング ~ 住吉大社参拝コース

コース:天王寺駅~天王寺公園~聖天山~安倍晴明神社~万代池公園~帝塚山~粉浜商店街~住吉大社~南海・住吉大社前駅(約7キロ)
令和4年2月5日(土)晴一時曇
参加者 14名

2月5日(日)第216回ハイキングを実施。天候晴、一時曇。参加者14名。 気温は低かったですが汗をかかないので歩きやすい天候でした。 10時JR天王寺駅をスタート。上町台地の上を阿倍野区と西成区の境に沿って聖天山公園を目指して歩きました。西成区から港区の方が低くなっており遠くに六甲山系が見渡せる見通しの良い、そしてあべのハルカスがずっと見えるコースでした。途中大谷高校あたりで昨年6月25日テレビで報道された、建物が崩落した天下茶屋2丁目の現場にさしかかりましたがすでに跡形もなくきれいに整備されていました。

10時30分ごろ聖天山公園に到着。小休止したあと松虫通を歩いて阪堺電車のところから熊野街道を南下、安倍晴明神社に寄ったあと阪堺電車沿いに歩き姫松停留所のところからわき道に入り万代池に11時過ぎ到着。ここで昼食。お湯を沸かして温かい味噌汁を頂きました。食後のコーヒーもおいしかったです。昼食をとった後、南海電車を横切り手塚山古墳(中に入れないので外から覗くだけでした)を通り過ぎまた。阪堺電車沿いにしばらく歩き今度は南海電車の高架に沿って120軒もの様々な店が軒を連ねる粉浜商店街を歩き13時過ぎ南海の住吉大社駅に着きました。そこから少し歩いて住吉大社へ、参拝したあと写真を撮り14時ごろ解散しました。

住吉大社に於いて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 住吉大社参拝コース(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)18分47秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 住吉大社参拝コース(スライド写真 BGMはありません)18分47秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 近畿益田会の会員facebook(参考まで)⇒ こちらからどうぞ

▼ 第216回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第215回ハイキング ~ 近江神宮初詣ウォーク

コース:大津駅~長等公園~長等神社~三井寺~皇子山総合運動公園~皇子が丘公園~近江神宮~JR大津京駅または京阪・皇子山駅(約7キロ)
令和4年1月9日(日)晴
参加者 18名

令和4年最初のハイキング(215回)を1月9日(日)実施しました。天候 晴、参加者 18名。寒くなく風もない絶好のハイキング日和となりました。

10時JR大津駅をスタート。京阪京津線の線路を越えて急な坂道を登り大津市街や比良山系、琵琶湖が望まれる小高いところを通り長等公園(ながらこうえん)に着きました。ここで小休止して長等神社、三尾神社、三井寺と進み、皇子山総合運動公園の傍の公園でトイレ休憩、さらに歩いてJR湖西線の高架を越えたところの皇子が丘公園で昼食、地元の神社で氏子総代をしている西尾さんがお神酒を用意してくれたので皆でいただきました。食後に冬の歌(冬景色、冬の星座)、鐡道唱歌(37番の米原から52番の京都西陣まで)そして益田市歌を合唱しました。

昼食のあと大津京跡を横に見て近江神宮まで歩き1時30分到着。松の内でしかも休日とあって結構な参拝客でした。境内には天智天皇時代に造られたと言う水時計の漏刻(ろうこく)や火時計、日時計が見られました。記念写真を撮りJR大津京駅まで歩き、新年初のハイキングなので一杯やりたいところでしたが我慢して2時23分発の電車に乗って帰りました。

近江神宮に於いて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 近江神宮初詣ウォーク(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)27分25秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 近江神宮初詣ウォーク(スライド写真 BGMはありません)29分46秒 ⇒ こちらからどうぞ

▼ 皇子が丘公園で益田市歌を歌う(2分21秒)⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第215回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第214回ハイキング ~ 堺の古墳とピラミッド

コース:初芝駅~出雲大社大阪分祠~土塔~二サンザイ古墳~百舌鳥八幡宮~阪和線「百舌鳥駅」(約8キロ)
令和3年12月4日(土)晴時々曇
参加者 16名

12月4日(土)今年最後のハイキング(第214回)を実施しました。天候 晴時々曇、参加者16名。今回は中島 宏さん(小浜出身、河内長野市在住)が初めて参加してくれました。

10時南海「初芝駅」をスタート、10分ほど歩いて出雲大社大阪分祠に到着。本殿の大きなしめ縄は本家のそれに負けないぐらいの立派なもので屋根の鳳凰も光り輝いていました。出雲大社大阪分祠は昭和21年吉村亀次氏が愛宕大権現・河内分社として創建し、昭和23年出雲大社より大国主命の分霊を受け昭和33年出雲大社大阪分祠となった神社です。大国主命を祭神としており縁結びにご利益のある神社として有名のようです。

このあと30分ほど歩いて土塔に着きました。土塔は奈良時代の僧行基が建立したと伝わりピラミッド型をした瓦葺土塔の遺跡としては全国唯一のものです。土塔を見た後は全国7番目の大きさといわれる二サンザイ古墳に向かい近くの公園で昼食にしました。最後に立ち寄った百舌鳥八幡宮は欽明天皇(532~571)のころに建てられたと伝えられており境内にある大きな楠の木は幹回り5.2m、高さ25mで樹齢700~800年と言われる名木で府の天然記念物にされています。八幡宮参拝のあとはJR百舌鳥駅に向かい、ここで解散しました。

出雲大社大阪分祠本殿の大きなしめ縄をバックに
百舌鳥八幡宮境内にある大きな楠の木をバックに

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 堺の古墳とピラミッド(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)15分52秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 堺の古墳とピラミッド(スライド写真 BGMはありません)15分52秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第214回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第213回ハイキング ~ 長岡京の社寺巡り

コース:長岡天神駅~長岡天満宮~寂照院~竹林~西山公園~光明寺~乙訓寺~西向日駅(約8キロ)
令和3年11月6日(土)晴
参加者 14名

第213回ハイキングを11月7日(日)の予報が雨のため1日繰りあげて6日(土)に変更して実施しました。天候 晴、参加者14名。今回は体調を崩されて一時休まれていた土生さんが、すっかり回復されて久しぶりに参加され元気よく歩かれました。

10時過ぎ阪急「長岡天神駅」をスタート、まず菅原道真が祀られ学問の神さんとして有名な長岡天満宮へ、大きな鳥居をくぐり八条が池を渡り本殿にお参り、長岡天満宮は道真が大宰府に左遷されたとき名残を惜しんで木像を彫り、それをご神体として祀ったのが始まりと伝えられています。天満宮のあと境内を横切り国道に出て寂照院へ、孟宗竹の発祥地という石碑が建っていました。寂照院を出てからすぐのところの竹林が続く道をしばらく歩き、西山公園体育館を過ぎ長法寺を横に見て12時少し前に西山公園に到着、ここで昼食。トイレをすませて光明寺に向かいました。

光明寺は法然上人が最初に「南無阿弥陀仏」の念仏を上げた地と言われています。本堂まで長く続く参道に絨毯が敷かれたような様子を「もみじ参道」と言われていますが、今回は少し時期が早かったようです。平家物語で知られる連生法師(熊谷次郎直実)が建てた「念仏三昧院」が光明寺の発祥と伝えられています。源平合戦の一の谷の戦いで直実は自分の息子と同じ年頃の平敦盛を討ち取ってしまったことに武士の無常を感じ武士を捨て極楽浄土を求めて法然上人を訪ね仏門に入ったと伝わります。そのあと乙訓寺へ、ここは牡丹寺として有名です。樹齢300年とも言われるモチの大木がありました。この後は「西向日駅」に向かつて歩き、3時前に京都に向かう人と大阪方面に向かう人に分かれて解散しました。

光明寺に於いて
乙訓寺に於いて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 長岡京の社寺巡り(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)25分40秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 長岡京の社寺巡り(スライド写真 BGMはありません)25分40秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第213回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

参 考:平成30年(2018年)2月18日(日)京阪電車ハイキングに参加した時のコース
コース:京阪電車淀駅~淀城跡公園(スタート)~勝竜寺~長岡天満宮~竹林~寂照院~走田神社~長法寺~西山公園~光明寺~乙訓寺~勝竜寺城公園(ゴール)参加者1274名

▼ 長岡京1200年の歴史 ~ 情緒あふれる社寺をめぐる(スライド写真 BGM入り)27分25秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 長岡京1200年の歴史 ~ 情緒あふれる社寺をめぐる(スライド写真 BGMなし)27分25秒 ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第212回ハイキング ~ 般若寺のコスモス鑑賞ウォーク

コース:近鉄奈良駅~東大寺~般若寺~少年刑務所~鴻ノ池運動公園~やすらぎの道~近鉄奈良駅またはJR奈良駅(約8キロ)
(参考) 般若寺の拝観料 500円

令和3年10月9日(土)晴
参加者 15名

10月9日(土)天候は晴、真夏を思わせるような暑い日差しのなか第212回ハイキングを実施しました。参加者15名。糸賀さんが帯状疱疹と闘病中ですが3ヶ月ぶりに参加しました。岸本さんも久しぶりにご夫婦で顔を見せてくれました。 10時過ぎ近鉄奈良駅をスタート、県庁前の道を東大寺に向かって歩くと、鹿せんべいを売るおばさんの周りに鹿が張り付いていました。どうやら観光客が鹿せんべいを買ってくれるのを待っているようです。

東大寺の横を正倉院の方向へ、そして転害門を出て般若寺を目指しました。国宝に指定されている鎌倉時代の建築といわれる楼門を見て般若寺に入ると、さすがコスモス寺として有名なだけあって観光バスで来た団体客や家族ずれなどで一杯でした。コスモスもちょうど見ごろを迎えていました。コスモスを鑑賞したあと元の道に戻り少年刑務所へ、奈良少年刑務所は明治41年に建設された日本五大監獄の一つで、ほぼ当時のまま現存する唯一の刑務所です。平成29年重要無形文化財に指定されましたが同年3月廃止となり、2年後にはホテルに生まれ変わるようです。

その後しばらく歩いて鴻ノ池運動公園へ、土曜日とあってここでも大勢の人が来場していました。ロート製薬が命名権を得てロート製薬鴻ノ池パークとなっていました。ここで昼食をとり一休みした後以前第174回(平成30年4月1日)「大仏鉄道から佐保川の桜」で歩いた池のほとりを当時を思い出しながら歩き、さらに「やすらぎの道」を歩いて奈良公園に向かう道に差し掛かったところで近鉄奈良駅に向かう人とJR奈良駅に向かう人に分かれて午後2時前早めに解散しました。

般若寺のコスモス

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 般若寺のコスモス鑑賞ウォーク(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)17分58秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 般若寺のコスモス鑑賞ウォーク(スライド写真 BGMはありません)17分58秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 般若寺のチラシPDF ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第212回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第211回ハイキング ~ 神戸空港ウォーク

コース:三宮駅~貿易センタービル~みなとのもり公園~ポートターミナル駅~神戸大橋~中公園~市民広場駅~海辺~京コンピュータ前駅~神戸どうぶつ王国~神戸空港連絡橋(スカイブリッジ)~神戸空港(約9キロ)

令和3年9月5日(日)晴
参加者 8名

9月5日(日)第211回ハイキングを実施。天候 晴、カンカン照りでなく風もあってまずまずの天候となりました。参加者8名。兵庫県に緊急事態宣言が出されていますが、3密に十分注意して実施することにしました。

10時ポートライナー三宮駅をスタート、すぐのところの空き地で準備体操をしたのちポートライナーに沿って空港に向かって歩きました。みなとのもり公園で少し休憩したあと朱塗りの神戸大橋を渡りポートターミナル駅や神戸水上警察署を過ぎ中公園へ、そして高層マンション12棟が建ち並ぶ桜並木の遊歩道で一服。そのあと神戸ポートピアホテルやワールド、カスピ海ヨーグルトのビル、神戸商工会議所などを右に左に見ながら市民病院駅を通過して南公園へ、アーケードがある道をしばらく歩いて医療センター駅へ、この周辺には中央市民病院や神戸大学医学部付属国際がん医療研究センターなど医療関係の建物が並んでいました。医療センター駅を過ぎたところで海辺に向かって歩き12時海辺に到着、西に淡路海峡大橋、淡路島、後ろに六甲山系などの眺望を楽しみながら昼食をとりました。空港が目の前に見えました。

食後13時スタート、京コンピュータ駅、神戸どうぶつ王国、理化学研究所のそばを通りましたが、道端にひまわりがきれいに咲いていたので写真を撮りました。そのあと長さ1200mほどの神戸スカイブリッジを渡り空港に向かいましたが、東の方にあべのハルカスをかすかに見ることが出来ました。14時神戸空港に到着、日曜日とあって家族ずれが結構来ていました。展望デッキなどで休憩したあと15時10分発のポートライナーに乗り三宮駅に向かい、ここで解散しました。歩数計は18,800歩を示していました。

ひまわりをバックに

※ 今回はスライド写真はありません

▼ 第211回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第210回ハイキング ~ 滝畑四十八滝巡り

コース:河内長野駅 ⇒(バス)⇒ 滝畑ダムバス停~キャンプ場入口~稚児滝~光滝~荒滝~後光滝~キャンプ場入口~滝畑ダムバス停 ⇒(バス)⇒ 河内長野駅(約8キロ)

令和3年8月7日(土)晴
参加者 11名

8月7日(土)第210回ハイキングを実施しました。天候晴。参加者11名。 滝畑ダムは、大阪府下最大のダムで河内長野市、富田林市の上水道水源として、また羽曳野市、藤井寺市の耕地約400ヘクタールの用水を確保しています。紀伊山地から湧き出る水が光滝、荒滝、稚児滝など多数の滝となって流れ落ちる景勝地となり「大阪みどりの百選」のひとつに選ばれています。

河内長野駅9時4分発の滝畑ダム行きのバスに乗り約50分でキャンプ場入り口に到着。準備体操をして10時スタート。川沿いに約20分歩いて光滝キャンプ場へ、さらに20分歩いて荒滝へ、川にかかった木の橋を渡り滝の傍へ、ひんやりとした心地よい風が吹いてきて滝を眺めながらここでしばらく休憩しました。

このあと光滝へ、滝に通ずる山道が大雨で崩れて通れないため河原を歩いて浅瀬を渡ってやっと滝の近くへ、滝つぼから吹いてくる涼しい風にあたりながらここで昼食をとりました。食後写真を撮りさらに一服したあとバス停に向かい河内長野駅に戻って南海電車に乗り帰途に着きました。

光滝をバックに

※ 今回はスライド写真はありません

▼ 第210回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第209回ハイキング ~ 琵琶湖のパワースポット白髭神社へ

コース:近江高島駅~鵜川四十八体石仏群~白髭神社~打下集落~乙女ヶ池~大溝城跡~大溝港~近江高島駅(約7キロ)

令和3年7月18日(日)曇時々晴
参加者 8名

7月18日(日)第209回ハイキングを実施しました。参加者8名。曇時々晴、湖の方から心地よい風が吹き歩きやすい天候となりました。近江高島駅を出ると駅前広場に大きなガリバーの像が立っていました。駅から10キロ余り奥に入ったところ武奈ヶ岳の北部にリクリエーション施設「ガリバー青年旅行村」がありますが、その玄関口ということでこのモニュメントが設置されました。

10時10分スタート、JRの線路沿いに南に向かって約20分歩いたところに鵜川四十八体石仏群がありました。行方不明になったりで現在は33体しかありませんが、慈愛に満ちた顔、あどけない顔、ユーモラスな顔などの阿弥陀如来像が並んでいました。室町時代後期に観音寺城城主の佐々木六角義賢が亡き母の菩提を弔うために建てたと伝えられています。 そのあと国道161号線に出て琵琶湖を左に見ながら白髭神社に向かいました。11時白髭神社到着。全国にある白髭神社の総本社で「白髭さん」で親しまれ、延命長寿の神様として又鳥居が海中にあるところから「近江の厳島」として多くの参拝者が訪 れます。2015年に日本遺産に登録されました。

白髭神社のあとは元来た道を歩いて打下集落へ、ここで道路をくぐって湖岸へ出ました。比良山系や対岸の彦根方面に三上山(近江富士)などを望むことができ、しばらく眺望を楽しんだ後乙女ヶ池へ、太鼓橋を渡ったところで昼食。食後大溝城跡を通り町の中を歩きました。大溝城は、織田信澄(信長の甥)が築城したもので高島郡内から高家や寺院などを移して城下町をつくりました。乙女ヶ池は琵琶湖の内湖で、大溝城はこの内湖を巧みに利用しており、江戸時代に分部光信が城主になるとこの城を陣屋として明治維新までその統治が続きました。乙女ヶ池は、2013年9月から2014年にかけて放送されたNHK連続ドラマ「ごちそうさん」のロケ地として使われたところから話題になりました。散策のあと近江高島駅に戻り14時21分の新快速で家路に着きました。

乙女ヶ池をバックに
ガリバーの像をバックに

※ 今回はスライド写真はありません

下記動画は参考に
令和2年(2020年)10月21日(水)単独ウオーキング

コース:JR湖西線・近江高島駅~近江高島観光案内所~高島駅前広場(ガリバー像)~勝野日吉神社~大善寺不動堂~大善寺~圓光禅寺(大溝藩主分部家の墓所)~瑞雪禅院(近藤重蔵の墓所)~脩身堂跡~古式水道タチアガリ(江戸時代に出来た設備)~武家屋敷跡(大溝藩時代の武家屋敷)~流泉寺~町割り水路~高島市民病院~江若鉄道の線路跡~乙女ヶ池~最勝寺~打下日吉神社~四十八体石仏群~西近江路(いにしえの街道)~白鬚(しらひげ)神社~白鬚大鳥居(湖中に立つ大鳥居)~白ひげ浜水泳キャンプ場(白ひげビーチ)~打下日吉神社御旅所~乙女ヶ池の太鼓橋~山王大権現常夜灯~勝野日吉神社御旅所~太湖汽船大溝港桟橋跡~大溝城跡~大溝城三の丸跡~分部神社~総門(大溝陣屋の正面門)~町割り水路~勝安寺~三嶋稲荷神社~勝野交差点~風車街道~和田打川~萩の浜~高島市立スポーツ施設高島B&G海洋センター 艇庫~JR湖西線・近江高島駅(歩程約12㎞)

▼ 近江高島と白鬚神社ウォーク(再生時間:31分10秒)スライド写真(BGM入り)⇒ こちらからどうぞ
▼ 近江高島と白鬚神社ウォーク(再生時間:31分10秒)スライド写真(BGMなし)⇒ こちらからどうぞ

▼ 第209回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第208回ハイキング ~ 柳生街道を歩く

コース:近鉄奈良駅~春日大社~柳生街道滝坂道~夕日観音~朝日観音~首切り地蔵~春日大社~近鉄奈良駅またはJR奈良駅(約10キロ)
首切り地蔵から同じ道を引き返す

令和3年6月5日(土)曇時々晴
参加者 9名

緊急事態宣言が再延長されましたが6月5日(土)第208回ハイキングを実施しました。前回と同じ顔ぶれの7人と中間さんと孫の正也君(小3)の9人が参加しました。なかなか元気で明るい好少年で、10キロのコースを楽々と歩き切りました。悠人君(中1)が初めて参加した時のことが思い出されました。昨日の雨も上がり曇時々晴、梅雨ですがさらっとした歩きやすい天候でした。

10時近鉄奈良駅をスタート、県庁のところを興福寺の方へ曲がり、五重塔の横を通り猿沢の池を左に春日大社に向かって歩きました。外人の姿は全く見られず鹿は沢山いました。角を斬った後なのか牝ばかりなのか角のない鹿ばかりでした。鹿せんべいを売るおばさんの傍に張り付いて客の様子を伺っていました。 一の鳥居から二の鳥居を通り春日大社にお参りして柳生街道の滝坂の道に入りました。柳生街道は奈良から笠置に通ずる全長約20キロの道で江戸時代柳生の道場を目指す剣豪たちが往来した道です。道の右には小川が流れて森に囲まれたとても良い雰囲気なのですが、石畳の道が続き昨日の雨で滑りやすく歩きにくいので難儀しました。特に下りは苦労しました。しばらく歩くと朝日観音、夕日観音が岩肌に刻まれていました。鎌倉時代の作と言われ、朝日や夕日を受けると美しく映えてくるところからこのように名付けられたとされています。

首切り地蔵のところに12時過ぎ到着、ベンチやトイレがあるのでここで昼食。首切り地蔵は荒木又右エ門が試し切りしたという伝説があり街道の目印でした。2mぐらいの高さのところに切れ目が入っていました。食後は来た道と同じ道を引き返し、春日大社を通り猿沢の池のほとりを歩き2時過ぎ近鉄奈良駅に向かう人とJR奈良駅に向かう人とに分かれ解散しました。

首切り地蔵をバックに
首切り地蔵をバックに

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 柳生街道を歩く(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)16分55秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 柳生街道を歩く(スライド写真 BGMはありません)16分55秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第208回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第207回ハイキング ~ 五色塚古墳から舞子浜へ

コース:塩屋駅~塩屋海岸~万葉歌碑の道~平磯芝生広場~恋人岬~海(わたつみ)神社~垂水駅~五色塚古墳~アジュール舞子~舞子公園~舞子海上プロムナード~舞子駅(約7キロ)

令和3年5月15日(土)晴
参加者 7名

緊急事態宣言が延長されましたが、街中よりは海辺の方が良いだろうという素人考えで「堺の古墳とピラミッド」から「五色塚古墳から舞子浜へ」とコースを変更して第207回ハイキングを5月15日(土)に実施しました。天候は晴、海から風が吹いてきて爽やかな感じのする心地よいハイキングとなりました。外出自粛が要請されている中なかなか言うことを聞かない者7名が参加しました。

10時JR塩屋駅をスタート、国道2号線を西に約15分ほど歩いたところの緑地の中の「万葉歌碑の道」を歩きました。桜の木などが生い茂って日差しを遮ってくれた道をしばらく歩いて平磯芝生広場に出ると海が間近かになり淡路島や明石海峡大橋が見えてきました。淡路島の南の方に諭鶴羽山が見えました。 第100回記念(平成23年12月11日、12日)の時登った山です。芝生広場をしばらく歩いて恋人岬を過ぎ、海(わたつみ)神社にお参りしJR垂水駅を通り抜けて五色塚古墳に向かいました。五色塚古墳は、淡路島を望む台地の上に築かれた前方後円墳で全長194m、兵庫県で一番大きな古墳です。4世紀の終わりごろ葬られた人は明石海峡とその周辺を支配した豪族だと考えられています。

古墳のあとJRの線路を超えて再び海辺へ出ました。ここで昼食。土曜日とあって釣りを楽しむ人など多くが訪れていました。昼食後、舞子海上プロムナードに入場しました。明石海峡大橋の神戸市側にある施設で、海面からの高さ約47mの回遊式遊歩道になっています。ガラス張りの海面が見える通路を歩きましたが足がすくみました。今日は少し霞んでいて紀伊半島方面はほとんど見えませんでしたが、淡路島がすぐ目の前に、遠くに小豆島が見え、海は穏やかでフェリーなどの船が行きかうなど橋からの景色を満喫しました。このあと橋をバックに写真を撮りJR舞子駅に向かい午後2時早めに解散しました。

明石海峡大橋をバックに
明石海峡大橋をバックに

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 五色塚古墳から舞子浜へ(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)27分54秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 五色塚古墳から舞子浜へ(スライド写真 BGMはありません)27分54秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 五色塚古墳(PDF)⇒ こちらからどうぞ
▼ 五色塚古墳のあゆみ(PDF)⇒ こちらからどうぞ
▼ 舞子公園(PDF)⇒ こちらからどうぞ
▼ 参考資料(PDF)⇒ こちらからどうぞ

▼ 第207回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第206回ハイキング ~ 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩く

コース:法隆寺駅~飽波神社~文化観光館~うぶすなの郷~極楽寺~安堵町歴史民俗資料館~岡崎川の桜~中家住宅~馬場塚~かかし公園~桜の堤~安堵中央公園~法隆寺駅(約10キロ)

令和3年4月3日(土)曇のち晴
参加者 12名

4月3日(土)曇のち晴 参加者12名で第206回ハイキングを実施しました。10時JR法隆寺駅スタート。天理軽便鉄道は戦前利用されていたミニ鉄道で、当時は法隆寺から天理の間を蒸気機関車が走っていました。その線路跡と思われるところを歩いて富雄川にかかる鉄橋を渡りまず飽波神社へ、ここは安堵町の総鎮守社でスサノオノミコトが祀られています。文化観光館(本日休館)、富本憲吉記念館(うぶすなの郷)を見て安堵町歴史民俗資料館へ、藺草(いぐさ)から引き出された灯芯は和ろうそくの芯として使われます。その灯芯関係の資料や農耕器具などが展示されていました。子供のころ手にしたもの見たものが沢山あり、皆んなで思い出を語り合いながら懐かしく拝見しました。

次に聖徳太子創建と伝えられる極楽寺へ寄りさらに西名阪自動車道をくぐり岡崎川の堤防に出ました。桜を見ながら川沿いに歩いて中家住宅へ、中家は古くは足立氏と称し足利尊氏に従って大和に入り中氏と改めました。二重の濠を巡らせた環濠住宅が残っています。予約制なので入館できず外から覗くだけとなりました。かかし公園は飛鳥時代に太子が斑鳩から飛鳥まで行き来したとされる太子道沿いにあり高さ12mの太子の像が法隆寺の方向を向いて立っていました。そのあと再び岡崎川に戻り桜並木を見たあと安堵中央公園で昼食をとりました。昼食後桜をバックに写真を撮り川沿いに歩いて最初の法隆寺駅に戻りここで解散しました。岡崎川の桜はすでに満開を過ぎて散り始めたところでした。

岡崎川桜の堤にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩く(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)17分44秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩く(スライド写真 BGMはありません)17分44秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ あかりのまち安堵(PDF)⇒ こちらからどうぞ
▼ 安堵偉人列伝(PDF)⇒ こちらからどうぞ
▼ 安堵町歴史民俗資料館(PDF)⇒ こちらからどうぞ
▼ うぶすなの郷(PDF)⇒ こちらからどうぞ
▼ 中家住宅(PDF)⇒ こちらからどうぞ

※ 第206回ハイキングの下見(スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください)
▼ 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩くの下見(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)15分45秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 岡崎川の桜と安堵の田園風景を歩くの下見(スライド写真 BGMはありません)15分45秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第206回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第205回ハイキング ~ 追分梅林と大和民族博物館

コース:南生駒駅~子供の森~追分梅林~大和民族博物館~近鉄郡山駅(JR郡山駅まで約1㎞)約12キロコース

令和3年3月10日(水)晴
参加者 12名

3月10日(水)、7日(日)に予定していた205回ハイキングを当日の天気予報が雨だったため延期して本日実施しました。 天候は晴、参加者12名。穏やかなそして時おり爽やかな風が吹き絶好のハイキング日和となりました。近鉄南生駒駅を10時15分スタート、線路に沿って少し歩いて左に折れ、いきなり急な坂道を上ったあと国道に下りて、中学校の前を通り変電所のところを左折して再び急坂を上りました。足湯場、老人ホームを通りさらに坂道を上り詰め、今度は下り道をしばらく歩いて警察犬の訓練所を通り11時半に子供の森、子供交流館に辿り着きました。トイレを済ませた後追分梅林を目指して歩きました。谷に下りて老健施設の前を上ったところに追分梅林がありました。ちょうど梅まつりの最中でしたが人はまばらでした。紅梅や白梅の大木が見ごろを迎えており、梅の傍で昼食をとりました。

食後に大和民族博物館に向かって歩きましたが道に迷い行ったり来たりで余分に歩くことになりました。やっと地元の人に会って道を教えてもらい何とか博物館に着くことができました。ここの梅園は立派でしたがやや見ごろを過ぎた感じでした。3時に出発、国道を約1時間歩いて近鉄郡山駅に到着、ここで近鉄組とJR組に分かれて解散しました。

追分梅林にて
追分梅林にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 追分梅林と大和民族博物館(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)14分00秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 追分梅林と大和民族博物館(スライド写真 BGMはありません)14分00秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 追分梅林(2010年02月27日)youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 追分梅林(2011年03月08日)youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 追分梅林 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▼ 県立民族博物館、大和民族公園 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 県立民族博物館、大和民俗公園 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

2020年コロナ感染拡大の影響で近畿益田会でのハイキングは中止になりましたが後日一人で歩いてきました。その様子を掲載しますので参考にしてください。
令和2年(2020年)3月2日(月)単独ウオーキング ~ 追分梅林と大和民族博物館

▼ 単独ウオーキング ~ 追分梅林と大和民族博物館 youtube(BGM入り)⇒ こちらからどうぞ
▼ 単独ウオーキング ~ 追分梅林と大和民族博物館 youtube(BGMなし)⇒ こちらからどうぞ

【コース】
近鉄生駒線・南生駒駅~暗越奈良街道(国道308号線)~大瀬ふれあい公園~歓喜の湯~榁木峠(むろのきとうげ)~榁木山弘法大師堂~郡山警察犬訓練所~矢田山遊びの森~めだか池~追分梅林(昼食)~富雄川~佃農園直売所~奈良県立民俗博物館~みんぱく梅林~大和民俗公園~歌ヶ崎廟(うたがさきびょう)~発志禅院~大和郡山上三橋線~近鉄橿原線・近鉄郡山駅(約17㎞)

▼ 第205回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第204回ハイキング ~ 上町台地の史跡とコリアタウンを歩く

コース:JR森ノ宮駅~森ノ宮公園~難波宮跡公園~聖マリア大聖堂~近鉄上本町駅~JR鶴橋駅~鶴橋本通商店街~コリアタウン散策~御勝山公園~桃谷本通商店街~JR桃谷駅(約7キロ)

令和3年2月6日(土)晴
参加者 11名

2月6日(土)晴、参加者11名。雲一つない晴天に恵まれ第204回ハイキング「上町台地の史跡とコリアタウンを歩く」を実施しました。
風もなく暖かな汗ばむような天候となりました。10時、JR森ノ宮駅をスタート、すぐのところの森ノ宮公園で準備体操をして歩行開始、まずは難波宮跡公園に到着、宮殿跡の礎石が残っているだけです。大阪城をバックに写真を1枚、次に歩いて5分ほどのところの「聖マリア大聖堂」へ、聖堂の前には高山右近と細川ガラシャの像が立っています。聖堂の中に入りましたが中はとても広く多くの窓に施されたステンドグラスがとてもきれいでした。

さらに南に向かい大阪女子大、明星高校、高津高校の前を通り30分ほど歩いて千日前通りへ、そしてJR鶴橋駅へ、鶴橋本通商店街を南下して弥栄神社へ、そこから東へ約500m続く御幸通商店街(通称コリアタウン)へ入りました。韓国料理の店が多く立ち並んでいました。k-POPアイドルのグッズショップもありました。土曜日とあって若い人を中心に多くの人でいっぱいでした。さらに南へ歩いて御勝山公園へ、ここで昼食、今日のコーフィーもおいしかったです。食後今後のハイキングをどうするかなどを話し合ったあと桃谷商店街を歩いてJR桃谷駅へ向かい午後2時早めに解散しました。

大阪城をバックに難波宮跡にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 上町台地の史跡とコリアタウンを歩く(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)14分42秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 上町台地の史跡とコリアタウンを歩く(スライド写真 BGMはありません)14分42秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 近畿益田会のfacebookにUPできなかったので、鮮明な写真は下記facebookでご覧ください。
▼ 益田会会員のfacebookは ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第204回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第203回ハイキング ~ 伊丹七福神を歩く

コース:JR福知山線・猪名寺駅~御願塚古墳(南神社)~大空寺(布袋尊)~健速(たけはや)神社~愛宕神社~閼伽井(あかい)公園(閼伽井の井戸)~正覚院(毘沙門天)~昆陽南公園(昼食)~昆陽寺(寿老人)~遍照院(大黒天)~一乗院(弁財天)~ 猪名野神社~昆陽池~瑞穂緑地~陸上自衛隊千僧駐屯地~安楽院(福禄寿)~金剛院(恵比寿)~JR福知山線・伊丹駅(約11キロ)

令和3年1月17日(日)晴時々曇
参加者 8名

1月17日(日)令和3年最初のハイキング第203回「伊丹七福神を歩く」を実施しました。晴時々曇。参加者8名。
冬型に戻り寒くなるという予報でしたが風もなくさほど寒くもない歩くにはもってこいの天候でした。ただ緊急事態宣言が出ている最中でしたので緊張感のあるハイキングとなりました。またこの日は阪神淡路大震災から26年という日でもあり、当時のことを話し合った後10時猪名寺駅をスタートしました。 七福神は、恵比寿、大黒天、福禄寿、毘沙門天、布袋尊、寿老人、弁財天のことで、それぞれがヒンズー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っています。開運厄除、商売繁盛、無病息災、家内円満などを叶えてくれるとして古くから信仰されています。

最初は大空寺、七福神のうち「布袋尊」です。庭の五葉の松が立派でした。このあと新幹線の高架下を通って昆陽南公園へ、正覚院(毘沙門天)にお参り、「体験学習施設」でトイレをすませて公園で昼食をとりました。食後の温かいコーヒーがおいしかったです。国道171号線を渡り昆陽寺(寿老人)へ、行基が創立した高野山真言宗の立派な寺です。すぐ傍の遍照院(大黒天)、一条院(弁財天)にお参りしたあと約30分歩いて昆陽池に到着、池には鴨などの野鳥がいっぱい浮かんでいました。対岸の木には「カワウ」が無数とまっており、そのフンで木が白くなっていました。園内には日曜日とあってコロナではあっても家族ずれが結構来ていました。

このあと自衛隊伊丹駐屯地の前を通り安楽院(福禄寿)へ、さらに30分ほど歩いて金剛院(恵比寿)へ、そしてJR伊丹駅へと向かい、一日も早くコロナが収まり七福神のご利益で福が持たされるよう祈って解散しました。本日歩いた距離約11キロでした。

安楽院にて
大空寺にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 伊丹七福神を歩く(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)22分59秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 伊丹七福神を歩く(スライド写真 BGMはありません)22分59秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第203回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第202回ハイキング ~ 甘南備山と一休寺の紅葉

コース:JR京田辺駅~棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)~酬恩庵一休寺~薪(たきぎ)神社~甘南備山管理道路~芝生広場(休憩)~サクラの森~キンモクセイの小路~竜王の森(休憩)~モクレンの小路~甘南備山展望台~神南備神社(昼食)~甘南備山 (かんなびやま)標高221m~甘南備山管理道路~JR大住駅(約8キロ)

令和2年11月1日(日)晴
参加者 22名

11月1日(日)晴、第202回ハイキング実施。参加者は、石橋さんのお友達2名を合わせて22名。 10時JR京田辺駅をスタート、先ず棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)に寄りました。棚倉とは渡来人がもたらした養蚕棚小屋から転じたと言われています。とうからし、キンカン、豆類などを使用して瑞饋神輿(ずいきみこし)をつくり、10月の体育の日に氏子区域を巡行するという、その珍しい神輿が境内にありました。 次に一休寺に寄りました。一休禅師がここで後半生を送り81歳で京都大徳寺住職となった時もここから通われました。寺院の中には入らず薪神社(「能楽発祥の碑」と刻まれた石碑がありました)の前を通り甘南備山に向かいました。

登山口からすぐのところの芝生広場で休憩、ここにはバイオマストイレがありました。バイオマストイレは「水を使わない」「匂いがほとんどない」新しいトイレです。おかくずと排泄物に含まれる水分だけで微生物の作用により有機物の分解を行います。30分ほど歩いて頂上に到着、展望台からは京田辺の街、遠くに愛宕山、比叡山そして京都市街を、少し霞んではいましたが望むことができました。目当てだった紅葉には少し早かったようです。神奈備神社のところで昼食、益田市歌を歌い記念写真を撮って下山開始、元の道を歩き薪神社のところの分岐点で近鉄新田辺駅に向かう組とJR大住駅に向かう組とに分かれて帰途に着きました。

神南備神社にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 甘南備山と一休寺の紅葉(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 20分31秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 甘南備山と一休寺の紅葉(スライド写真 BGMはありません)20分31秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 酬恩庵 一休寺 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 酬恩庵 一休寺 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 酬恩庵 一休寺 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 甘南備山20151219 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▼ 第202回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第201回ハイキング ~ 天の香具山から藤原京跡へ

コース:畝傍御陵前駅~本薬師寺跡(もとやくしじあと)~香具山(標高152m)~天香山(あまのかぐやま)神社~藤原京跡~橿原市藤原京資料室~おふさ観音~JR畝傍駅(約8キロ)

令和2年10月3日(土)晴
参加者 19名

200回という一つの節目のあとの201回目のハイキング、気分も新たに19名が参加して実施しました。10時JR畝傍御陵前駅をスタート、先ず本薬師寺跡に立ち寄り金堂の礎石が残っているところで準備体操をしました。例年ホテイアオイが咲く田んぼが傍にあります。しかし今年は蜜を避けるため種が蒔かれず稲田となっていました。飛鳥川を渡って香具山に向かって歩き南側から登り始めました。途中大きな栗の木がありハイカーと思われる人たちが落ちた栗を拾っていました。11時過ぎ頂上に到着、山頂からは畝傍山や藤原京跡、二上山が見えるなど眺めは最高でした。ここで昼食、食後久しぶりに皆んなで益田市歌を歌いました。

そのあと今度は北側に下りて彼岸花が咲く田んぼの中を藤原京跡に向かって歩きました。ここは藤原京の中心となったところで、畝傍山や耳成山そして香具山の三山に囲まれた一辺約1キロの中に大極殿や天皇の住まいである内裏などがあったところです。藤原京跡には例年だとかなり広い範囲にコスモスが咲いているのですが、ここもコロナの影響で種が蒔かれず雑草が生えているだけで残念ながらコスモスは見ることができませんでした。すぐ傍にある橿原市藤原京資料室に寄って藤原京の模型を見たあと最後のコースおふさ観音を目指して歩きました。境内いっぱいにバラが咲いていました。このあとJR畝傍駅まで歩き近鉄八木西口駅に向かう人たちと別れて解散しました。

耳成山をバックに藤原京跡にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 天の香具山から藤原京跡へ(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか)16分27秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 天の香具山から藤原京跡へ(スライド写真 BGMはありません)16分27秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 藤原宮跡のコスモス youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 藤原宮跡のコスモス youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 藤原宮跡のコスモス youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 藤原宮跡のコスモス youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

残念ながら今年はyoutube動画のようなコスモスは見られませんでした。こんなところにもコロナの影響が出ています。

▼ 第201回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第200回記念ハイキング ~ 有馬富士に登って有馬へ

令和2年9月6日(日)晴れ、7日(月)
参加者 16名

近畿益田会ハイキング部は、このほど200回目のハイキングを実施しました。9月6日(日)JR新三田駅に集合し「有馬富士」に登るコースです。参加者16名。台風9号が過ぎ、さらに10号が九州に接近する状況で天候が心配されましたが、幸い晴とはなりましたが暑いハイキングとなりました。10時新三田駅をスタート、約40分歩いて福島大池に到着、ここから有馬富士(374m)が眺められました。ゆるやかな上りを登山道取りつきまで歩き、一服したあとキツイ上りが続く登山道を約40分歩いて山頂に到着、ここで昼食にしました。

樹木の間から三田市のニュウタウンや遠くに六甲山などが眺められました。石田さんが作ってくれた200回の「横断幕」を持って記念写真を撮りました。また、200回にあたり部員一同を代表して原田まさ子さんから椋ハイキング部長に対して感謝の言葉と記念品が贈られました。少し休んだ後同じ道を下り福島大池の周りを歩き、有馬富士公園の中のパークセンターに立ち寄り少し休憩した後、新三田駅に向かって歩きここで解散しました。

有馬での懇親会に向かう9人は、次の三田駅で神戸電鉄に乗り換え有馬温泉駅に向かい、宿泊のラコンテ有馬で一足先に到着の4名と落ち合い計13名で200回記念の懇親会を行いました。ここでも椋部長に対し池野会長から感謝状と金一封が贈られました。
有馬富士山頂にて
有馬富士公園にて
ラコンテ有馬での懇親会
ラコンテ有馬にて
ラコンテ有馬にて
感謝状(押印前)
ハイキング部有志一同から感謝の言葉

*****************************************
「ハイキング200回に当たって」     近畿益田会ハイキング部   椋 活兼

私が、ハイキング部のお世話をさせていただいてこのほど200回目となりました。そのとき部員の皆さんから感謝の言葉を頂きました。そして近畿益田会の会長からも感謝状を頂きました。誠に有難いことで光栄ですが、私としてはむしろ一緒に歩いていただいた皆さんに感謝を申し上げたい気持ちです。ハイキング部のお世話をして私が楽しませていただいているからです。私には3つの楽しみがあります。

一つは、計画のときの楽しみです。コースを選ぶにあたって参考にしているのは(1)市販されているハイキングの本(2)JRや私鉄が発行しているハイキングのチラシ(3)そして私が過去に登ったり歩いたりし良かったところなどです。コースを決めてその詳しい道順なり見どころなどが知りたいときは市役所や役場に電話でお願いすると地図や案内書を送ったくれます。これらを参考にしていろいろと計画を考えるとき、コースや景色が頭に浮かんできて歩いている気分になってとても楽しいです。

二つ目は、下見の楽しさです。いくら「コースガイド」があっても皆さんを案内するには自分で一度歩いてみることが大事です。台風や大雨で道が崩れているかも分かりません。コースによっては「道しるべ」がないところがあります。どうしても分からないときは地元の人に聞きます。交番に寄って尋ねることもあります。分かりやすいコースもあれば分かりにくいコースもあります。分かりにくいところを迷ったりして探しながら歩くのが楽しいのです。何とかコースを歩ききったときの満足感は格別です。

三つ目は、ハイキングの当日です。皆さんが参加してくれる、一緒に歩いてくれる、これが楽しみの三つ目です。文句も言わず(いや、文句はいろいろあるのでは?)皆でおしゃべりをしながら、楽しそうに歩いてくれる様子を見るのが最高の喜びなのです。計画から始まるハイキングの集大成です。この三つの楽しみがあるのでお世話をすることは全然苦になりません。これからも当面210回を目指してお世話をさせていただこうと思っています。皆さん、これからも一緒に歩きましょう。
*****************************************

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 有馬富士に登って有馬へ&懇親会(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 17分58秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 有馬富士に登って有馬へ&懇親会(スライド写真 BGMはありません)17分58秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 有馬富士登山 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 有馬富士登山 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 有馬富士公園 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 有馬富士公園 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▼ 第200回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第199回ハイキング ~ 松尾大社・鈴虫寺から東海自然歩道を歩く

コース:松尾大社駅~鈴虫寺~苔寺~地蔵院~竹林~桂坂野鳥遊園~桂坂中央公園~沓掛口 ⇒(バス)⇒ 桂駅(約7キロ)

令和2年8月1日(土)晴れ
参加者 11名

8月1日(土)参加者11名で第199回ハイキングを実施しました。10時阪急「松尾大社駅」をスタート。先ず松尾大社に参拝。松尾大社は、渡来人秦氏が一族の氏神として信仰したとされ近年は酒の神として醸造家から信仰の厚い神様です。鈴虫寺は素通りし苔寺に向かいました。予約しないと入場できないので門のところまで行き引き返しました。苔寺は、奈良時代行基の開創と伝えられ約120種の苔が境内を覆い、苔寺とも呼ばれていますが正式には西芳寺で世界文化遺産に登録されています。

地蔵院は、周囲を竹林で囲まれているところから通称竹の寺として知られ、一休禅師が6歳で出家するまで母とともにこの寺で過ごしたと伝えられています。地蔵院を過ぎたところから唐櫃越しの道に入りました。明智光秀が亀岡から本能寺を攻めたとき通ったといわれている道です。いきなりきつい上りの道を登り切り、竹林や雑木林が続く尾根道を歩き、やがて唐櫃越えの分岐のところで桂坂野鳥遊園への道を下り金網の柵のところで昼食にしました。山道は樹木で日差しが遮られ時折風が下から吹き上げるなど暑さは街中ほどではなかったと思います。食後野鳥遊園を見学したあと桂坂中央公園に寄って記念写真を撮り沓掛口バス停からバスに乗って帰途に着きました。

桂坂中央公園にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 松尾大社・鈴虫寺から東海自然歩道を歩く(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 19分40秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 松尾大社・鈴虫寺から東海自然歩道を歩く(スライド写真 BGMはありません)19分40秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

※ 今回のコースと重なる地点(松尾大社~鈴虫寺~苔寺~地蔵院)があるので参考に掲載します。ご覧ください
▼ 令和2年(2020年)3月21日(土)単独ウオーキング ~ 嵐山から上桂を歩く(スライド写真 BGM入り)52分08秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 令和2年(2020年)3月21日(土)単独ウオーキング ~ 嵐山から上桂を歩く(スライド写真 BGMなし)52分08秒 ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第199回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第198回ハイキング ~ 涼を求めて宇治川を歩く

コース:宇治駅~さわらびの道~宇治上神社~琴坂~興聖寺~天ヶ瀬吊橋~白山神社~宇治川左岸~宇治川先陣の碑~宇治橋~宇治駅(約8キロ)

令和2年7月5日(日)曇り
参加者 12名

3月29日の197回から4か月ぶりにハイキングがやっと実施できました。7月5日(日)、前日の夕方まで降っていた雨もやみ、曇り空のもと京阪宇治駅を10時に参加者12名でスタートしました。高城事務局長が初めて参加してくれました。

さわらびの道を進んで世界遺産の宇治上神社に参拝し、宇治神社、琴坂、興聖寺から宇治川の右岸を上流に向かって歩き、天ヶ瀬吊橋を渡って今度は左岸を約10分下ったところから東海自然歩道に入り白山神社を目指してゆるやかな上り道を約20分歩きました。もみじ谷を歩く予定でしたが、このところ続いた大雨で道が崩れている可能性があるのでコースを変更して往復とも東海自然歩道を歩きました。白山神社の急な階段を上って参拝し、ここで昼食にしました。そのあと塔の島に渡り宇治川先陣の碑を見て平等院に向かい、宇治橋の麓でJR組と京阪組に分かれ解散しました。天候は尻上がりに良くなり最後は青空も出て暑いぐらいの日和となりました。

天ヶ瀬吊橋にて
白川金色院惣門にて
白川金色院惣門にて
平等院にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 涼を求めて宇治川を歩く(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 21分35秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 涼を求めて宇治川を歩く(スライド写真 BGMはありません)21分35秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

※ 写真撮影時のダイジェスト動画です、参考までに
▼ 涼を求めて宇治川を歩く(ダイジェスト動画 BGM入り)14分27秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 涼を求めて宇治川を歩く(ダイジェスト動画 BGMなし)14分27秒 ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第198回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第197回ハイキング ~ 醍醐寺の観桜ウォーク

コース:JR六地蔵駅~法界寺(日野薬師)~一言寺(いちごんじ)~醍醐寺~随心院~地下鉄東西線「小野駅」(約8キロ)

令和2年3月29日(日)晴れ
参加者 4名

3月29日(日)参加者4名で第197回ハイキングを実施しました。朝まで降っていた雨も上がり陽がさす天気になりました。新型コロナウイルスの感染が治まらない状況下ですが200回が迫っていることでもあり「3蜜」に留意して実施しました。

10時、JR六地蔵駅をスタート。南山城学園 障碍者相談支援センターで休憩、園内の桜が満開でした。なごみの里病院の前を川沿いに歩いて法界寺(日野薬師)に到着、ここは親鸞上人の生誕地と言われているところです。そのあと一言寺に立ち寄り醍醐寺に向かって約1時間ほど歩きました。醍醐寺の桜も満開で 多くの見物客が歩いていました。しかし、外国の人はほとんど見かけませんでした。そのあと少し歩いて醍醐天皇の後山科稜を見て、すぐ横の児童公園で昼食をとりました。食後少し休憩して随心院に寄り小野小町が化粧をしたと言われる井戸を見て、あとは地下鉄小野駅まで歩きそこで解散しました。

醍醐寺にて
随心院にて

今回はスライド写真なしです。
▼ 第197回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▼ 醍醐寺の桜 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 醍醐寺の桜 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▼ 醍醐寺の桜2017 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 醍醐寺の桜2018 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▼ 随心院の境内 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 随心院の庭園 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 一言寺(いちごんじ) youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 法界寺(日野薬師)  youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

※ 第197回ハイキングの下見(スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください)
▼ 醍醐寺の観桜ウォークの下見(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 13分32秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 醍醐寺の観桜ウォークの下見(スライド写真 BGMはありません)13分32秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会会員のfacebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会会員のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第196回ハイキング ~ 野間の大ケヤキ

コース:妙見口駅~花折街道~ケーブル黒川駅~ありなしの道~黒川桜の森~国道477号線~野間の大ケヤキ~本滝口バス停 ⇒(バス)⇒ 妙見口駅(約8キロ)

令和2年2月1日(土)曇り
参加者 20名

2月1日(土)参加者20名で第196回ハイキングを実施しました。2、3日前までは暖かい日が続きましたが、昨日あたりから例年並みの気候に戻り今日は寒いハイキングとなりました。ゴルフ部の篠原礼次郎さん(高槻在住、高津出身)が、奥さんと一緒に初めて参加してくれました。

10時能勢電鉄「妙見口駅」をスタート。花折街道を進み妙見山ケーブル駅の前を通り、ありなしの道に入り山と田んぼの間の狭い道をさらに進みました。約1時間歩いたところで桜の森に到着、ここで小休止したあと少し坂を登って国道477号線に出て道路脇を約30分歩き「野間の大ケヤキ」に着きました。資料館で説明を聞いたあと大ケヤキの前の広場で昼食(寒かったので資料館に入りコーヒーを飲んでやっと身体が温まりました)、そのあと地元の野菜売り場をのぞき、近くのバス停からバスに乗り「妙見口駅」まで行き解散しました。

野間の大ケヤキ前にて
野間の大ケヤキ前にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 野間の大ケヤキ(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 11分12秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 野間の大ケヤキ(スライド写真 BGMはありません)11分12秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第196回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▼ 国指定天然記念物の「野間の大ケヤキ」です ⇒ こちらからどうぞ
▼ 野間の大ケヤキ(秋)youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

平成30年(2018年)11月1日(木)能勢妙見山パワースポット トレイルランコースを歩く
▼ 高代寺・野間の大ケヤキ・能勢妙見山コース(BGMなし)youtube(写真スライドショー)⇒ こちらからどうぞ

▼ 高代寺・野間の大ケヤキ・能勢妙見山コース(BGM入り)youtube(写真スライドショー)⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第195回ハイキング ~ 神戸八社で厄除祈願

コース:JR三ノ宮駅~二宮神社~一宮神社~三宮神社~四宮神社~五宮神社~大倉山公園~八宮神社(六宮合祀)~湊川神社~七宮神社~JR神戸駅(約11キロ)

令和2年1月11日(土)晴れ
参加者 20名

1月11日(土)参加者20名で令和2年最初の第195回ハイキングを実施しました。風のない暖かな歩くと汗ばむような天候でした。神戸の八つの神社を巡拝するコースです。八つの社にはそれぞれ天照大神と素戔嗚尊が剣玉を交換した誓約の際に生まれた(ちょっと意味が分かりませんが)三柱の女神と五柱の男神が祀られており、神功皇后が三韓からの帰途に巡拝された順に一宮、二宮と名づけられたといわれています。昔から厄除けを祈願するため参拝する人が多いようです。

午前10時JR三ノ宮駅をスタート、先ず二宮神社に参拝、そのあと加納町の交差点を渡り一宮神社へ、山本通を歩いてイスラム教のモスクを過ぎたところからトアロードを下り三宮神社へ、大丸から元町通商店街を歩いて花隈城跡の横を上がり四宮神社へ、相楽園の西側を通って諏訪山通りを西に歩いて五宮町のバス停のところの坂を登って五宮神社へ、高台の眺めの良いところでした。写真を一枚。坂を下って大倉山公園へ、ここで昼食。お湯を沸かしてみそ汁をいただきました。公園の中には「〇〇県の森」というのが30いくつもあり、島根県の森もありました。ここで写真を一枚。

八宮神社には六宮神社が合祀されていました。すぐそばの湊川神社に参拝したあとJR神戸駅を通り抜けて七宮神社へ、これで神戸八社すべてを歩きました。再び神戸駅に戻り、ここでJR組、阪急・阪神組に分かれて解散しました。スマートフォンの歩数計は20000歩を示していました。

五宮(ごのみや)神社にて
大倉山公園にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 神戸八社で厄除祈願(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 24分51秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 神戸八社で厄除祈願(スライド写真 BGMはありません)24分51秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第195回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

平成31年(2019年)1月22日(火)神戸・厄除け八社めぐり(BGM入り)
▼ 一宮神社から八宮神社(BGM入り)youtube(写真スライドショー)⇒ こちらからどうぞ

平成31年(2019年)1月22日(火)神戸・厄除け八社めぐり(BGMなし)
▼ 一宮神社から八宮神社(BGMなし)youtube(写真スライドショー)⇒ こちらからどうぞ

▼ 七宮神社→六宮・八宮神社→五宮神社→四宮神社→三宮神社→二宮神社→一宮神社 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第194回ハイキング ~ 八尾空港と八尾の史跡を訪ねて

令和元年12月1日(日)晴れ
参加者 15名

12月1日(日)参加者15名で令和元年最後の第194回ハイキングを実施しました。10時JR志紀駅をスタート、すぐ近くの弓削神社に参拝。弓矢等の製造に関与したとされる氏族弓削氏一族の本拠地で、弓削道鏡はこの一族の出身とされています。

そのあと陸上自衛隊八尾駐屯地の横を通り八尾空港の管制塔の近くまで行き、小型機が飛び立つ様子などを見ました。しばらく歩いて防災公園で昼食をとり、聖徳太子ゆかりの大聖勝軍寺に寄りました。大聖将軍寺は、聖徳太子が物部守屋との戦いを前に信貴山毘沙門天に戦勝を祈願、その勝利後に建てたのが起源とされる古刹です。物部討伐軍に参戦した聖徳太子が物部軍に追われたとき椋の古木が二つに割れて太子の身をかくまったという伝説があり、今は根っこの部分だけが残っており割れ目の中に太子の像がおかれていました。

あとはJR八尾駅から天王寺駅に向かい近くの「6年4組」で忘年会を行い今年一年を振り返り懇親を深めました。

八尾空港の近くで
大聖勝軍寺(太子堂)にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 八尾空港と八尾の史跡を訪ねて(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 13分25秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 八尾空港と八尾の史跡を訪ねて(スライド写真 BGMはありません)13分25秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第194回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▼ 大聖勝軍寺(太子堂)サイト ⇒ こちらからどうぞ
▼ 聖徳太子の古戦場、大聖勝軍寺 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 弓削神社|式内大社| 物部氏と弓削氏の氏神様 ⇒ こちらからどうぞ

▼ 聖徳太子が物部守屋との戦いで戦勝したことで建立された大聖勝軍寺 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 八尾空港の情景 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第193回ハイキング ~ 府民の森・ほしだ園地と星のブランコ

令和元年11月2日(土)晴れ
参加者 20名

11月2日(土)参加者20名で第193回ハイキングを実施しました。10時京阪私市駅スタート、歩き出してすぐのところ「星の里いわふね」で「うまいもの市」をやっていて焼き肉のにおいをかぎながら川沿いにピトン小屋に向かって歩きました。川の水はきれいで鯉が泳いでいました。45分ほどでピトン小屋に到着。クライミングウォールに挑戦している人がいました。

少し休憩して星のブランコに向かって約25分ジグザグに坂道を上りブランコの取りつきに到着。全長280m高さ50mの木床式吊橋を渡りました。しっかりとした橋ですが少し揺れました。それから又30分ぐらい歩いてやまびこ広場に到着。少し登ったところの展望台からは大阪方面から京都方面まではっきりと見渡せ大パノラマを楽しみました。

広場で昼食の後12時45分出発。星田に向かって急坂を下り星田妙見宮に到着。星田妙見宮は、七夕発祥の地と言われています。およそ1200年前に星(隕石)が降ったという伝説があります。また交野の地名は「交わる野」織女と彦星が出会う場所として万葉集にも載っているそうです。近くに家康が本能寺の変のとき堺から急いで岡崎に帰るとき隠れ潜んだという竹藪がありました。そのあと国道沿いに歩いて京阪河内森駅で、京阪組とJR河内磐船駅組に別れて解散しました。

星のブランコ前にて
妙見川緑地にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 府民の森・ほしだ園地と星のブランコ(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 17分44秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 府民の森・ほしだ園地と星のブランコ(スライド写真 BGMはありません)17分44秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第193回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▼ 大阪府民の森・ほしだ園地 星のブランコ ⇒ こちらからどうぞ
▼ 星田妙見宮ホームページ「公式サイト」 ⇒ こちらからどうぞ

▼ 星のブランコまでハイキング youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 星のブランコまでハイキング youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 絶景☆星のブランコで空中散歩 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ ほしだ園地・星のブランコ youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 天の川伝説の郷・星のブランコ youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第192回ハイキング ~ 彼岸花咲く山の辺の道

令和元年10月5日(土)晴れ
参加者 16名

10月5日(土)参加者16名で第192回ハイキングを実施しました。 今回は、奈良の「山の辺の道」を天理から柳本までの約8キロを歩きました。このコースは、第15回(平成16年9月26日)に天理から桜井まで、第59回(平成20年7月27日)に桜井から三輪まで、この時は三輪山(467m)に登りました。最近では、第148回(平成28年2月6日)に柳本駅を出発して崇神天皇陵を経て龍王山(586m)に登っています。

10時15分天理駅をスタート、天理商店街、天理教本部前を通って先ず石上神宮に寄りました。石上神宮は、飛鳥時代の豪族物部氏の総氏神で、主祭神は人物でも自然でもない「剣の御霊」で、一説には八岐大蛇を斬った時の剣と言われています。参道は広く玉砂利が敷き詰められており常緑樹に囲まれた厳かな雰囲気が漂っており、境内には神の使いといわれる鶏が群れていました。

次に後醍醐天皇が吉野巡幸のとき立ち寄ったといわれる内山永久寺跡に寄って一服、天理観光農園の横を通って夜都伎神社で昼食、ここの拝殿の屋根は珍しいといわれる茅葺でした。途中黒豆や栗などを売っている店が何か所かあり立ち寄って買う人もいました。念仏寺の横の墓地を通り大和神社のお旅所を経てトレイルセンターに到着、半時ほど休憩して崇神天皇陵、黒塚古墳を巡って柳本駅に向かい、14時44分の電車に乗りそれぞれ帰途につきました。

山の辺の道にて
崇神天皇陵にて

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 彼岸花咲く山の辺の道(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 20分18秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 彼岸花咲く山の辺の道(スライド写真 BGMはありません)20分18秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第192回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▼ 石上神宮(いそのかみじんぐう)公式サイト ⇒ こちらからどうぞ

▼ 石上神社からトレイル青垣までの山の辺の道 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 天理駅~長岳寺までの山の辺の道 youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 山の辺の道ウォーク youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第191回ハイキング ~ 愛宕山に登る

令和元年9月7日(土)晴れ
参加者 7名

9月7日(土)参加者7名で第191回ハイキングを実施しました。阪急嵐山駅9時42分発のバスに乗り約20分で清滝に到着。バス停から少し下って愛宕山参詣道の鳥居のところを右にとって、桂川の上流に向かって川沿いに約30分歩いて、空也の滝の入り口から頂上に向かって歩き始めました。郵便配達の人が月輪寺や愛宕神社に郵便を届けるために一足先に登って行きました。

急な坂道を休みながらゆっくりゆっくりと約1時間月輪寺を目指して歩きました。月輪寺に着いて休憩していると先ほどの郵便配達の人が、はやくも頂上から下りてきて走るようにして目の前を過ぎ去って行きました。月輪寺は天台宗の寺院で境内には親鸞上人の手植えと伝えられる時雨桜があり、シャクナゲの名所としても知られています。

月輪寺からさらに1時間、かなりきつい坂が続きやっとの思いで1時半ごろ頂上に着きました。石段を登って愛宕神社へ。愛宕神社は「火伏せの神さん」として有名で、明智光秀が、本能寺に織田信長を攻める際に愛宕神社のおみくじを3度も引いて決心したというのは有名な話です。石段を下りた付近で「愛宕神社」の石碑をバックに写真を撮り、近くで昼食をとりました。気温は23度肌寒く汗がいっぺんに引きました。

下りは表参道を歩きましたが急な坂が続き階段が多いので結構こたえました。4時10分過ぎ清滝バス停に到着、一服して4時50分発のバスで出発点の阪急嵐山駅に向かい、ここで解散しました。

愛宕神社の石碑前で

※ スライド写真を見ながら薄紫の山脈(島根県民の歌)&しまねっこのうた&しまねのお宝おしえるにゃを聴いてください
▼ 愛宕山に登る(スライド写真 BGMは島根県民の歌ほか) 22分48秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 愛宕山に登る(スライド写真 BGMはありません)22分48秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第191回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▼ 愛宕神社総本宮公式サイト ⇒ こちらからどうぞ

▼ 愛宕山登山(表参道コース) youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 愛宕神社参拝(表参道コース) youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ
▼ 積雪期の愛宕山登山(表参道コース) youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

阪急嵐山駅からバスで清滝バス停まで乗り、清滝バス停をスタートして、表参道から愛宕山に登り、その道中約5時間をすべてビデオに撮り早回しで14分にしました。あまりに長くなるので月輪寺から後はカットしましたとあります。
▼ 愛宕山の登山(表参道コース) youtube(動画)⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

第190回記念ハイキング ~ ふるさと益田を歩く&交流会

令和元年8月4日(日)晴れ、5日(月)晴れ
参加者 24名

8月4日、日曜日、晴、参加者24名で第190回記念ハイキングを実施しました。念願の“ふるさと益田”でのハイキングがやっと実現しました。

8月4日、10時30分、益田駅に集合。市観光交流課の梅津課長が“ふるさとへ おかえりなさい”ののぼりを持って迎えてくれました。 10時30分過ぎマイクロバスで出発、横田から白岩、猪木谷、澄川を通り懐かしい水力発電所などを見て11時過ぎ表匹見峡に到着。商工会議所青年部の皆さんが例の“のぼり”を持って歓迎してくれました。お互い挨拶を交わして「益田市歌」を合唱し、総勢36名でいよいよ表匹見峡自然歩道ウォーキング開始、匹見川に沿って青年部の人たちも一緒に歩きました。途中で歩道をはずれ川原に下りて石ころの上に座って昼食。食後写真を撮って再び歩道に上がって歩きだし、犬戻り、ひょうたん岩、念仏岩などを見ながら歩き途中で歌を3曲歌い、トイレに寄って、再び十畳岩、小沙夜淵などを見ながら歩き、表匹見峡トンネルの出口のところまで約5キロを歩きました。ここで「星影のワルツ」を歌って青年部の人たちとお別れをしました。

再びマイクロバスに乗って先ず道の駅に寄ってそこで買い物をし、そのあと自然の森に行って各自の山小屋に入って身支度をし再びマイクロバスで懇親会の会場美都温泉「湯元館」に向かいました。入浴を済ませ6時から懇親会、匹見峡を一緒に歩いていただいた商工会議所の大畑地域開発委員長、中野青年部会長、そして今回のハイキング実施に当たり市との交渉、コースの下見など大変お世話になった田原さん、そして市の窓口になっていただいた梅津課長が加わってくれ、さらに公私ともに御多忙中にもかかわらず山本市長、弘中議会議長、松永会議所会頭にもご出席いただき本当に思い出深い懇親会となりました。8時過ぎまで和やかな時を過ごすことができ疲れが癒されました。

懇親会終了後、今度は湯元館のマイクロバスで自然の森まで送っていただき、それぞれの山小屋に入って休みました。外に出てみると沢山の星がキラキラと輝いていました。 翌5日(月)は、7時30分に自然の森を出発して、秦記念館のところを益田方面に曲がり仙道、久々茂、大谷を通って益田駅まで送っていただきました。その後駅前ビルEAGAの一室で一緒に朝食をいただきながら「200回ハイキング」のことなどを話して9時過ぎ解散しました。

第190回記念ハイキング 精算書
収入の部
  会費(部員)      8,000円×24= 192,000円
  々(益田市関係者)   5,000円× 7= 35,000円
  合計                 227,000円
支出の部
 (株)エイトへ支払い
    山小屋宿泊料  10,800円× 4室= 43,200円
    々       7,560円× 3室= 22,680円
    入浴料       500円×23人= 11,500円
    々         300円× 1人=   300円
    飲食代(料理) 3,240円×31人= 100,440円
    々 (飲物代)           49,090円
     合計             227,210円

上記代金を8月8日支払いました。 支払手数料 432円
不足642円は部費から支出しました。以上報告します。

令和元年8月14日 近畿益田会ハイキング部部長 椋 活兼

表匹見峡スタート地点にて(出発式)
表匹見峡川原にて(近畿益田会のみ)
表匹見峡川原にて(商工会議所青年部と合同)
みと自然の森にて
ダイジェスト版
※ スライド写真を見ながら益田市歌を聴いてください
▼ 1日目「ふるさと益田を歩く&交流会」(スライド写真 BGMは益田市歌) 30分13秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 1日目「ふるさと益田を歩く&交流会」(スライド写真 BGMはありません)30分13秒 ⇒ こちらからどうぞ

▼ 2日目「みと自然の森散策」(スライド写真 BGMは益田市歌) 4分26秒 ⇒ こちらからどうぞ
▼ 2日目「みと自然の森散策」(スライド写真 BGMはありません)4分26秒 ⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 第190回ハイキングだより ⇒ こちらからどうぞ

▼ みと自然の森 公式ホームページ ⇒ こちらからどうぞ

表匹見峡に到着

※ 「ケーブルテレビひとまろビジョン」ぜひご覧ください
▼ ふるさと益田を歩く、表匹見峡(ひとまろビジョン動画) 4分02秒 ⇒ こちらからどうぞ

表匹見峡ゴール地点

猛暑の中でのハイキングでしたが、近畿益田会の皆様ともお互いの近況などをお話しして、年齢や地域を越えて交流を持つことができ、とても楽しい6㎞の道程でした。今後も更なる交流を深め、共に益田市を盛立てていけるよう努めて行きたいと思います。近畿益田会の皆様、ありがとうございました。

上記写真と記事は益田商工会議所青年部(YEG)ホームページから引用しました。
※ YEGのホームページに近畿益田会ハイキング参加のニュース記事が掲載されていますのでぜひご覧ください。
▼ 益田商工会議所青年部(YEG)ホームページ ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る