近畿益田会

   令和3年(2021年)10月9日(土)トップページを更新いたしました

 近畿益田会 第33回定時総会・懇親会は令和元年10月6日(日)開催しました

 広報ますだ10月号が発行されています。益田市のホームページからご覧下さい

 ハイキング部ページ、令和3年10月13日(水)更新しています

 ゴルフ部ページ、令和3年7月25日(日)更新しています

 近畿益田会の活動ページ、令和3年9月9日(木)更新しています

 近畿益田会だよりページ、令和2年8月29日(土)更新しています

 ふるさと益田便りページ、令和3年4月5日(月)更新しています

 益田関連ニュースページ、令和3年5月3日(月)更新しています

 定時総会・懇親会ページ、令和3年1月13日(水)更新しています

 会長よりご挨拶ページ、令和3年5月21日(金)更新しています

 事務局よりお知せページ、令和3年4月8日(木)更新しています

 益田市の景観情報ページ、H30年5月24日(木)更新しています

 益田市の紹介ページ、令和3年5月3日(月)更新しています

 益田市のイベント紹介ページ、令和元年10月7日(月)更新しています

 ハイキング部専用ページ、令和3年10月9日(土)更新しています

 ゴルフ部専用ページ、令和3年6月4日(金)更新しています

 近畿益田会 役員専用ページ、令和3年9月29日(水)更新しています

 上記から該当ページへリンクしています

 専用ページにはパスワードが必要ですが一般の方にはお知らせしていません

 毎日多くの方に来訪いただいている近畿益田会のホームページへようこそ

トピックスの紹介

当ページ内へのリンク及び他ページへもリンクしています

会員募集
近畿益田会創立34周年会報を発行しました
第213回 近畿益田会ハイキングは令和3年11月7日(日)開催します
第214回 近畿益田会ハイキングは令和3年12月4日(土)開催します
第33回 近畿益田会ゴルフ大会は令和3年10月6日(水)に開催します
中世の益田についての研究が多数掲載されている『中世武家領主の世界』が刊行されます
益田市ふるさとづくり寄附金のお願いです
ふるさと益田の特産品「西条柿」の斡旋販売のご案内です
益田市が申請していた「中世日本の傑作」が日本遺産に認定されました
「益田市歴史文化基本構想」及び「益田市文化財保存活用地域計画」の概要版の紹介
島根が味わえるお店in関西(平成30年版)の紹介
花見の丘に植樹された桜の開花時の様子を見てきました
「広報ますだ」10月号が発行されています
2020年4月3日公開予定だった映画「高津川」の公開は順延になりました。公開日は未定です
うまいもん盛りだくさん市 inイオン高槻が令和元年9月28日、29日に開催されました
第57回 近畿島根県人会総会が令和元年11月9日(土)に開催されました
第56回 近畿島根県人会総会が平成30年11月10日(土)に開催されました
益田市と姉妹都市である高槻市で第48回高槻まつりが開催されました。平成29年8月5日(土)益田市議のご挨拶、匹見子ども石見神楽の動画をご覧ください
益田市からのお知らせ情報
第14回 萩・石見空港マラソン全国大会が、令和3年10月17日(日)開催されます
第12回 萩・石見空港マラソン全国大会が令和元年10月20日(日)に開催されました
益田市ふるさとづくり寄附金に対するお礼の品を一新しました
バナー広告掲載の申し込み&更新をいただきました
ふるさとづくり寄附金のお願いです
石見総合情報サイト「なつかしの国 石見」の紹介
神楽のさと・益田市から石見神楽の紹介がされています
益田糸操り人形の紹介
観光名所の益田市から温泉・宿泊施設の紹介がされています
観光名所の益田市から風景・自然の紹介がされています
島根県益田市UターンIターンについて
いってかえり、ますだ暮らし(益田市定住支援ページ)
益田でワイン初製造 ブドウ農家・田中寿一(じゅいち)さん、「特区制度」で夢実現
島根で農業しませんか?
北仙道の明日をつくる会の紹介
農業を始めたい方を応援します、美都いちご
ふるさと益田からの情報
企業広告欄の募集
ホームページへのリンク集
facebookへのリンク集

クリックで拡大

     

近畿益田会のホームページへようこそ

近畿益田会のホームページにアクセスいただきありがとうございます。この会は近畿地方に在住する島根県益田市出身者及びその家族、益田ファンの方々も含めた「益田大好き人間」の集うステージです。

生まれ育ったふるさとを想う人、主人のふるさと、奥様のふるさと、友人のふるさと、「益田」に惹(ひ)かれた人たちの益田市大応援団でもあります。

関西で生活しながら、益田市の発展に少しでも貢献できたらと思って多彩な活動をしています。世代を超えた楽しい集いにして行きたいと思っていますので、ぜひご入会いただき、ハイキング部会やゴルフ部会、旅行や益田市との交流、観光キャンペーンなどご参加下さい。
会員皆さんのご意見やご提案もどしどしお寄せ下さい。ありがとうございました。

     

会員募集

益田市出身者で関西にお住まいの方、及び縁故者の方の会員を募集しております。是非ご入会して頂きたくお願い申し上げます。
ご入会お申し込み、お問い合わせはこちらから

 

トピックス

近畿益田会創立34周年会報を発行しました

近畿益田会に入会された方には会報を差し上げています。
近畿在住の益田市出身者は是非ご入会をお願いします。

会員各位にはすでにお届けしています。

▼ 34周年会報(その一部)PDF ⇒ こちらからダウンロードして下さい

★ 近畿益田会 役員各位へのお知らせ
会報全ページは役員専用ページに掲載しています。
ご覧になるには当会のパスワードが必要です。

益田市のホームページに近畿益田会の会報34が紹介されています
▼ 日本遺産特設ページは ⇒ こちらからどうぞ

ふるさと益田の特産品「西条柿」の斡旋販売のご案内

近畿益田会 会員各位へのお知らせ

近畿益田会は今年も秋の味覚「西条柿」の斡旋販売に取り組みました。
発送期間は10月18日頃~11月12日頃迄。
渋~い柿をドライアイスを使って甘~い柿に変身させています。 ご家族、お知り合いへのご贈答にいかがでしょうか。ご賞味いただき、ふるさと益田の味覚をアピールしていただきたく、市価より安く斡旋販売しています。 西条柿は大黒様の打出の小槌に形が似ていることから「こづち」の愛称で親しまれています。

昨年と同じ金額での販売です。なお、離島はその地域により割増になります。
東 北  500円割増
北海道 1000円割増
沖 縄 1000円割増

★ 5.0Kg箱入(約28玉) 3,800円(送料税込)
★ 2.5Kg箱入(約15玉) 2,800円(送料税込)


会員の方には近畿益田会だより10月号に同封してご案内しています、近畿益田会専用の注文票で申し込みして下さい。
特別価額ですので注文は近畿益田会の会員に限ります。

下記は昨年までの斡旋販売箱数の実績です。
  5.0Kg箱入り 2.5Kg箱入り 合 計
令和2年  48箱  32箱  80箱
令和元年  45箱  19箱  64箱
平成30年  38箱  50箱  88箱
平成29年  42箱  80箱 122箱
平成28年  51箱  46箱  97箱
平成27年  64箱  44箱 108箱
平成26年  62箱  41箱 103箱

▲ページのトップへ戻る

第213回ハイキング ~ 長岡京の社寺巡り


日 時:令和3年11月7日(日)
    10時 阪急「長岡天神駅」集合

コース:長岡天神駅~長岡天満宮~寂照院~長法寺~光明寺~乙訓寺~西向日駅(約8キロ)

長岡天満宮

寂照院付近には乙訓竹と呼ばれる竹林がありますが、乙訓竹は禅僧・道元が中国から孟宗竹の原種を持ち帰ったことがはじめと言われています。長法寺から光明寺をめぐり乙訓寺へ、乙訓寺は推古天皇のころ開基され十一面観音が安置されています。光明寺は紅葉の名所でもあります。このコースは第20回「平成17年(2005年)4月24日」に一度歩いています。

▼ 詳しくはハイキング部のページで ⇒ こちらからどうぞ

第214回ハイキング ~ 堺の古墳とピラミッド


日 時:令和3年12月4日(土)
    10時 南海高野線「初芝駅」集合
(梅田からの行き方)地下鉄御堂筋線・梅田駅~なかもず駅、南海高野線に乗り換え(河内長野行き)中百舌鳥駅から2駅目

コース:初芝駅~土塔~二サンザイ古墳~百舌鳥八幡宮~阪和線「百舌鳥駅」(約8キロ)


土塔

奈良時代の僧行基が建立したとされる大野寺の仏塔は、土を盛り上げた一辺53.1m 高さ8.6mの十三重の塔で各層は瓦が葺かれていました。平成21年4月復元整備によって創建当時の姿が再現されました。ピラミッド型をしており瓦葺き土塔の遺跡としては全国唯一のものです。

百舌鳥八幡宮は、欽明天皇(532年~571年)のころに建てられたと伝えられています。境内にある大きな楠の木は幹回り5.2m、高さ25mで樹齢700年とも800年とも言われている名木で、府の天然記念物に指定されています。

▼ 詳しくはハイキング部のページで ⇒ こちらからどうぞ

第33回 近畿益田会ゴルフ大会開催のお知らせ


会員の皆様におかれましては、ご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、表題の件につきまして、下記のとおり開催いたしたくご案内申し上げます。奈良方面での開催が連続しまして、地域が偏りましたので、今回は大阪府のコースで開催することにいたしました。また、新型コロナのワクチンの接種も迷走しながらも少なくとも高齢者は概ね抗 体獲得が見込めるようですので、通常通りのコンペができるものと思います。たくさんの会員の皆様のご参加をお願いいたします。

開催日 : 令和3年10月6日(水)
集合時刻: 8:00
スタート: 8:28 梅コース
場  所: きさいちカントリークラブ
住  所: 大阪府交野市私市3008-1
電  話: 072-891-5551
費 用 : 8,990円(昼食付)各自でお支払いください
参加費 : 2,000円
競技方法: 18Hストロークプレーダブルペリア方式(ホール倍止め、上限36)
賞  品: 優勝、準優勝、3位、5位、BB、BG、NP(全SH)

9月10日までにメール又はファックス等で参加不参加につきましてご連絡ください

事務局携帯他 町田佳秀 090-1966-0932
       メール matida.1944@gmail.com
       高城慎三 090-8232-6175 FAX 075-956-6103
 

▼ 詳しくはゴルフ部のページで ⇒ こちらからどうぞ

中世の益田についての研究が多数掲載されている『中世武家領主の世界』が刊行されます


画像:『中世武家領主の世界』の表紙
   七尾城の本丸から見渡した益田の街並みが表紙になっています。

▼ 鮮明な画像は ⇒ こちらからどうぞ

中世武家領主の世界―現地と文献・モノから探る
目次
第1部 武家領主の地域支配の諸相(材木の生産・流通と武家領主;西遷御家人内田氏の本拠景観と高津川流域―現地調査の聞き書きと文献史料から;中世後期石見国長野荘をめぐる諸武家領主の 動向;東国地頭支配の受容と排除―肥後国人吉荘と肥前国彼杵荘;中世武士団における一族・被官の西遷―肥前千葉氏を事例として;紀伊国における武家領主の地域支配と荘園領主)

第2部 地域の港湾と武家領主(石見国高津川・益田川河口域の集散地と武家領主;河口の港が果たした役割―瀬戸内海と日本海を比較して;そこに港は存在したのか?―伝承からたどる中世の益 田;遠江国笠原荘の「浦」にみる中世の港湾と海村)

第3部 モノからみる武家領主(陶磁器からみた中世益田;朝鮮初期における陶磁器の生産と貢納・流通;遺物からみた武家領主の本拠―静岡県の主要遺跡の遺物分析から;中世後期の領主の好み ―出土品と財産目録から)

▼ 益田市のホームページへ ⇒ こちらからどうぞ

益田市の景観の情報をお届けします


▼ 景観行政団体 益田市(Facebook)⇒ こちらからどうぞ

益田市ふるさとづくり寄附金のお願いです


▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ


▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ



ふるさと益田の応援に皆様からの温かいご寄附をお待ちしています。
益田市では、10,000円以上ご寄附をいただいた個人の方に益田の特産品をお届けしています。

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

益田市から、ご寄附を頂いた方々へのお礼メッセージです。

心温まるご支援をいただき誠にありがとうございました。
いただいたご寄附はすべて、活力あるふるさとづくりに役立てることを目的として創設した「益田市ふるさと応援基金」に積み立て、それぞれの目的にそった事業に有効に活用させていただきます。
今後も、引き続き益田市を応援していただきますようよろしくお願い申し上げます。

▼ 益田市ふるさとづくり寄附金へご寄附された方々「平成20年度~令和元年度まで(令和2年3月まで)」 ⇒ こちらからどうぞ

萩・石見空港ニュース




萩・石見空港東京線 令和5年3月25日まで2往復運航継続決定


▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

益田市が申請していた「中世日本の傑作」が日本遺産に認定されました

文化庁が2015年から取り組んできている、文化財をテーマやストーリーごとに一括認定する日本遺産に益田市が申請していた「中世日本の傑作 益田を味わう-地方の時代に輝き再び-」が大田市の三瓶小豆原埋没林と共に認定されました。

中世の貴重な文化財を集めた「中世日本の傑作」は、中国や朝鮮との日本海交易を進めた国人領主・益田氏が治めていた時代を中心に居城跡や医光寺、万福寺、雪舟が描いたと伝えられる「紙本著色益田兼堯像」など26点で構成されています。
▼ 詳しくは市のホームページで ⇒ こちらからどうぞ


▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ


▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

日本遺産認定を受けたこれからの益田市の取組みを、ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税)で応援していただけませんか?
皆様からの心温まるご寄付をお待ちしております。

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

「益田市歴史文化基本構想」及び「益田市文化財保存活用地域計画」の概要版の紹介

益田市・益田市教育委員会では、平成30年度に歴史文化と文化財の保存と活用のマスタープランとなる「益田市歴史文化基本構想」を策定し、さらに令和元年度に「益田市文化財保存活用地域計画」を策定し、文化庁長官から全国第1号の認定を受けました。

これらは大部のため刊行いたしませんでしたが、このたびその概要版を作成しました。概要版は、島根県内の主要図書館のほか、益田市内の公民館等に配架をお願いしています。また、概要版のPDFデータをダウンロードし、ご自由に印刷していただくこともできます。


▼ 概要版のPDFデータ ⇒ ダウンロードはこちらからどうぞ

島根が味わえるお店in関西(平成30年版)の紹介

島根県では、関西で島根県食材を使った料理、お酒を提供する飲食店を認証する「縁結び美味しまね」事業に取り組んでいます。
「縁結び美味(おい)しまね」のお店へ島根を味わいにきてにゃ!
島根県大阪事務所(2018年3月)発行です。

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

益田版 益ます元気体操の紹介

体操用に編曲した益田市歌に合わせて体操をします
益田市から提供頂いた動画を見ながら体操をしてみてください。パンフレットも参考に

▼ 益田版 益ます元気体操のパンフレットは ⇒ こちらからどうぞ

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ



PDFダウンロード
▼ 広報ますだは ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

うまいもん盛りだくさん市 inイオン高槻が開催されました

令和元年9月28日(土)、29日(日)にイオン高槻店にて高槻市と姉妹都市である益田市および若狭町の特産品販売のイベントが開催されました。

令和元年9月29日のイベント会場の様子です









▲ページのトップへ戻る

近畿益田会創立30周年記念誌が出来ました

近畿益田会に入会された方には記念誌を差し上げています。
近畿在住の益田市出身者は是非ご入会をお願いします。

会員各位にはすでにお届けしています。

上は表紙です

★ 近畿益田会 役員各位へのお知らせ
記念誌全ページは役員専用ページに掲載しています。
ご覧になるには当会のパスワードが必要です。

花見の丘に植樹された桜の開花時の様子を見てきました

令和3年(2021年)3月30日(火)益田運動公園に隣接している花見の丘に行き植樹された桜の状況を見てきました。












▼ 花見の丘写真BGM入り(再生時間:5分22秒)⇒ こちらからどうぞ
▼ 花見の丘写真BGMなし(再生時間:5分22秒)⇒ こちらからどうぞ

※ 鮮明な写真は近畿益田会facebookでご覧ください。
▼ 近畿益田会のfacebook ⇒ こちらからどうぞ

10周年記念植樹の標柱の更新が完了しました

平成9年3月に近畿益田会創立10周年記念として益田運動公園花見の丘に桜14本を植樹。植樹した時の標柱が朽ちてしまいました。

創立30周年記念事業として標柱の立て替え更新を平成28年9月に完了しました。下記の写真がその標柱です。帰益された折には益田運動公園花見の丘の展望広場に運動を兼ねて登ってみてください。


▼ 花見の丘の紹介は近畿益田会だよりページで ⇒ こちらからどうぞ

第14回 萩・石見空港マラソン全国大会が、令和3年10月17日(日)開催されます

日本で唯一、現役空港の滑走路を走るマラソン大会です。壮大な滑走路、キラキラ輝く日本海、赤い石州瓦が懐かしい田園風景、地域の方の温かい応援がランナーのみなさまをお待ちしています。この感動をぜひ体験してみてください。

近畿益田会はふるさと益田の応援団として、第14回 萩・石見空港マラソン全国大会に協賛しています。


▼詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第12回 萩・石見空港マラソン全国大会が開催されました

令和元年(2019年)10月20日(日)、空港の滑走路を走る、第12回萩・石見空港マラソン全国大会(島根県益田市、同市教育委員会、同市体育協会主催)が益田市内田町の空港周辺のコースであり、国内外から参加したランナーが健脚を競った。

普段は入れない滑走路や駐機場を走れるのが魅力の大会で、萩・石見空港の滑走路がコースに組み込まれているマラソン全国大会。秋晴れの空の下、10キロとハーフマラソンの部で合わせて2,334人の参加者が、滑走路を走る爽快感を味わった。

大会は、萩・石見空港で東京便を運航している全日空が地域貢献のために発案して始まり、空港の利用促進や地域の観光促進を狙いに開催され、今年で12回目。近くの公園から午前9時前後にスタートし、航空機が発着する前の時間帯に滑走路を約3キロ回って再び公園に戻るコースで、現役の滑走路を走ることができる珍しい大会。箱根駅伝で「山の神」と呼ばれた柏原竜二さんが10キロの部にゲストランナーとして参加しました。







バナー広告掲載のお願い

掲載料は年間2万円、1年ごとの任意更新です。

お願いです。
バナー広告掲載で近畿益田会を応援してください。

バナー広告掲載の更新をいただきました

株式会社テライ様より近畿益田会ホームページへのバナー広告掲載の更新をいただきました。近畿益田会の活動に使わせていただきます。 株式会社テライ様の益々のご発展を願っています。
掲載対象期間:令和3年(2021年)2月1日~令和4年(2022年)1月31日

バナーの上でクリックするとホームページへリンクされます
株式会社テライ様のホームページへリンク

株式会社カケハシ様より近畿益田会ホームページへのバナー広告掲載の更新をいただきました。近畿益田会の活動に使わせていただきます。 株式会社カケハシ様の益々のご発展を願っています。
掲載対象期間:令和3年(2021年)4月1日~令和4年(2022年)3月31日

バナーの上でクリックするとホームページへリンクされます
株式会社カケハシ様のホームページへリンク

株式会社東昌建設様より近畿益田会ホームページへのバナー広告掲載の更新をいただきました。近畿益田会の活動に使わせていただきます。 株式会社東昌建設様の益々のご発展を願っています。
掲載対象期間:令和3年(2021年)7月1日~令和4年(2022年)6月30日

バナーの上でクリックするとホームページへリンクされます
株式会社東昌建設様のホームページへリンク

阪神食品株式会社様より近畿益田会ホームページへのバナー広告掲載の更新をいただきました。近畿益田会の活動に使わせていただきます。 阪神食品株式会社様の益々のご発展を願っています。
掲載対象期間:令和3年(2021年)8月1日~令和4年(2022年)7月31日

バナーの上でクリックするとホームページへリンクされます
阪神食品株式会社様のホームページへリンク

▲ページのトップへ戻る

第57回「ふるさと応援団~みんなで楽しむ近畿島根県人会~」が開催されました

令和元年(2019年)11月9日(土)ホテルニューオータニ大阪で開催され、500人を超える出席者が親睦を深めた。今年は石見地域Aブロック(大田市・江津市・川本町・美郷町・邑南町)の特色を生かした県人会でした。

お楽しみのアトラクションは、「マジシャン直跳」、「高橋ブラザーズ ユキ&ヒロ」の2組によるマジックショーと日本遺産に登録された石見神楽、三原神楽団(川本町)による「丸山築城」でした。

故郷応援団 ~みんなで楽しむ近畿島根県人会~ の紹介です




▼ 開催模様を紹介します ⇒ こちらからどうぞ

第56回「ふるさと応援団~みんなで楽しむ近畿島根県人会~」が開催されました

平成30年(2018年)11月10日(土)ホテルニューオータニ大阪で開催され、出席者約450人が親睦を深めた。 今年は出雲地域Aブロック(松江市・安来市・奥出雲町)の特色を生かした県人会でした。

お楽しみのアトラクションは、南京玉すだれ「島根良いとこ玉すだれ」と安来節保存会関西支部による安来節でした。

故郷応援団 ~みんなで楽しむ近畿島根県人会~ の紹介です




▼ 開催模様を紹介します ⇒ こちらからどうぞ

ふるさと益田からの情報

ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税)のお願いです

平成28年7月7日、島根県益田市は姉妹都市である大阪府高槻市と「ふるさと寄附金に関する連携協定」を締結しました!
この協定は、姉妹都市交流の一環として、島根県益田市と大阪府高槻市がふるさと寄附金事業において相互に連携・協力していくものです。
この協定により、今後は「島根県益田市へのご寄附」の返礼品ラインナップに「大阪府高槻市の産品」が加わり、「大阪府高槻市へのご寄附」の返礼品ラインナップに「島根県益田市の産品」が加わるという返礼品の相互活用に取り組んでいます。 (平成29年度の交流品については調整中ですので、詳細が決まり次第あらためてお知らせいたします)

▼ ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」 ⇒ こちらから



ふるさと益田の応援に皆様からの温かいご寄附をお待ちしています。
益田市では、10,000円以上ご寄附をいただいた個人の方に益田の特産品をお届けしています。


▼ 詳しくは上記チラシをご覧ください ⇒ こちらからどうぞ

ふるさと寄附金についての説明や寄附金の申し込み方法など詳しく知りたい方は益田市のホームページでご覧ください。

1.益田市ふるさとづくり寄附金について
2.寄附金を活用させていただく分野について
3.益田市ふるさとづくり寄附金 お申し出方法のご案内
 ①寄附申出書によるお申出について
 ②インターネットからのお申出について
4.お礼の品の贈呈について(4月28日にリニューアルしました)
5.ふるさと納税 税額控除について
6.ワンストップ特例制度について

▼ 益田市のホームページはこちらからどうぞ



企業版ふるさと納税で益田市を応援
このたび、市外に本社を置く企業から、企業版ふるさと納税制度を活用して益田市に寄附をいただけることになりました。
この寄附金を活用して益田市が実施する地方創生を図るためのプロジェクトが、国からの認定を受けましたので、寄附をいただく企業へ認定証を交付しました。


企業版ふるさと納税のご案内~島根県益田市
地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは?

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

企業版ふるさと納税で益田市を応援(誘致企業の株式会社テライ)


企業版ふるさと納税で益田市を応援(誘致企業の中井工業株式会社)

▲ページのトップへ戻る

石見総合情報サイト「なつかしの国 石見」の紹介

県西部のイベントをはじめ、観光に役立つパンフレットや旅行情報を紹介しています。
▼ 石見総合情報サイト「なつかしの国 石見」はこちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

神楽のさと・益田市から石見神楽の紹介がされています

石見神楽は、元来五穀豊穣に感謝し、毎年秋祭りに神職によって氏神様に奉納されてきたものです。
明治以降神楽は神職から一般庶民に移り、この時期にリズムも従来の六調子から現在主流となっている八調子のテンポとなりました。 種々の神楽が日本全国に伝承されていますが、その中でも石見神楽はリズムの軽快さと衣裳の豪華さで類を見ない独特のものです。
石見神楽は鎮守の祭だけでなく郷土芸能として広く愛されています。

石見神楽の解説や演目紹介、神楽団体紹介、夜神楽上演予定(定期公演)などが紹介されています。
▼ 益田市からの石見神楽紹介ページはこちらからどうぞ

益田糸操り人形の紹介

昭和38年《益田糸操り人形》は島根県無形民俗文化財に指定されました。さらに昭和45年には人形が県有形民俗文化財の指定を受けています。

この益田糸操り人形は、東京の結城座や竹田座に現存する改良された形態とは異なる古い形をとどめたままで上演されている操り人形芝居の中では唯一といわれています。
ダウンロード
ダウンロード
▼ 益田糸操り人形パンフレット ⇒ こちらからどうぞ

2020年4月3日公開予定だった映画「高津川」の公開は順延になりました。公開日は未定です




2019年11月29日公開、中国地方を皮切りに、全国ロードショー。世界に誇れる故郷を映画に、清流高津川を主役に石見益田の素晴らしさを。原作・脚本・監督は1962年生まれの島根県出身の錦織良成さんです。

▼ 特集 祝完成 映画「高津川」PDF ⇒ こちらからどうぞ


▼ 上記PDFは ⇒ こちらからどうぞ


観光名所の益田市から温泉・宿泊施設の紹介がされています

益田市は観光、温泉、料理など楽しみがたくさんあります。まあ来てみんさい!
▼ 益田市からの温泉・宿泊施設の紹介ページはこちらからどうぞ

観光名所の益田市から風景・自然の紹介がされています

益田市は観光名所で自然豊かな地域です。
▼ 益田市からの風景・自然の紹介ページはこちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

「広報ますだ」が発行されています

令和3年10月号が発行されています。益田市のホームページからご覧下さい。
▼ 益田市の広報誌ページ ⇒ こちらからどうぞ










「第2期まち・ひと・しごと創生 益田市総合戦略」を策定

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

みんなで取組む「益田市版SDGs」

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

毎年5月20日は「石見神楽の日」


地域自治組織を設立しました

★吉田地区自治協議会
★万葉の里 高津未来の会
★なかにし地域づくり協議会
▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ



▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ


▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ


※ 日本遺産のまち益田の歩き方
1.中世港町エリア
2.中世城下エリア
3.美都エリア
4.匹見エリア
▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ


▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ


▼ ますだ食と農の基本計画について(詳しくは広報ますだ6月号)⇒ こちらからどうぞ
IoTを活用した益田市の取組

▼ 上記PDFは ⇒ こちらからどうぞ

意見や提言をお寄せください



日本遺産のまち益田の歩き方
第14回 医光寺(いこうじ)

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第13回 染羽天石勝神社(そめはあめのいわかつ)

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第12回 萬福寺

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第11回 泉光寺

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第10回 三宅御土居跡

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第9回 右田本店酒蔵

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第8回 暁音寺(きょうおんじ)とまち並み

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第7回 妙義寺(みょうぎじ)

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第6回 七尾城跡と住吉神社

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第5回 市立雪舟の郷記念館所蔵の文化財

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第4回 大喜庵

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

第3回 中世今市遺跡

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

日本遺産のまち益田の歩き方
第2回 中須東原遺跡と福王寺

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

日本遺産のまち益田の歩き方
第1回 櫛代賀姫(くししろかひめ)神社とその眺望

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

このたび、医光寺の仏像や櫛代賀姫神社の神像など計8件が、美術工芸品(彫刻)として市の有形文化財に指定されました









PDFダウンロード
▼ 詳しくは(広報ますだ5月号)⇒ こちらからどうぞ


▼ 「ひとが育つまち益田」を目指します(広報ますだ9月号)⇒ こちらからどうぞ

「ひとが育つまち、益田」のホームページです。島根県益田市が行なっている活動や、 益田の人の声を紹介します。
▼ ひとが育つまち、益田のホームページ ⇒ こちらからどうぞ

「広報ますだ」は近畿益田会会員各位へもお届けしていますが、益田市のホームページからもご覧いただけます。
▼ 益田市の広報誌ページ ⇒ こちらからどうぞ

▼ 施設情報「グラントワ」「歴史民俗資料館」他(広報ますだ10月号)⇒ こちらからどうぞ

日本遺産のまち益田の歩き方
広報ますだ 2021年10月号 第14回 医光寺(いこうじ)
広報ますだ 2021年09月号 第13回 染羽天石勝神社(そめはあめのいわかつ)
広報ますだ 2021年08月号 第12回 萬福寺
広報ますだ 2021年07月号 第11回 泉光寺
広報ますだ 2021年06月号 第10回 三宅御土居跡
広報ますだ 2021年05月号 第9回 右田本店酒蔵
広報ますだ 2021年04月号 第8回 暁音寺(きょうおんじ)とまち並み
広報ますだ 2021年03月号 第7回 妙義寺(みょうぎじ)
広報ますだ 2021年02月号 第6回 七尾城跡と住吉神社
広報ますだ 2021年01月号 第5回 市立雪舟の郷記念館所蔵の文化財
広報ますだ 2020年12月号 第4回 大喜庵
広報ますだ 2020年11月号 第3回 中世今市遺跡
広報ますだ 2020年10月号 第2回 中須東原遺跡と福王寺
広報ますだ 2020年09月号 第1回 櫛代賀姫(くししろかひめ)神社とその眺望

中世益田講座「益田氏と須佐」(全2回)
広報ますだ 2019年12月号 第2回 益田氏、須佐に遷(うつ)る
広報ますだ 2019年11月号 第1回 港町須佐と益田氏

中世益田講座「益田氏VS吉見氏」(全7回)
広報ますだ 2019年10月号 第7回 明暗を分けた新しい時代への対応
広報ますだ 2019年09月号 第6回 交易への高い関心
広報ますだ 2019年08月号 第5回 雪舟の傑作と源氏物語の最善本
広報ますだ 2019年07月号 第4回 長門国阿武郡をめぐって
広報ますだ 2019年06月号 第3回 益田氏・陶氏VS吉見氏
広報ますだ 2019年05月号 第2回 それぞれの出自
広報ますだ 2019年04月号 第1回 益田氏最大のライバル吉見氏
▼ 特集「益田氏VS吉見氏」⇒ こちらからどうぞ

益田市の文化財の紹介
広報ますだ 2020年08月号 第11回 スクモ塚古墳(久城町)
広報ますだ 2020年07月号 第10回 大元古墳(遠田町)
広報ますだ 2020年06月号 第9回 横山城跡(柏原町)
広報ますだ 2020年05月号 第8回 板井川城跡(美都町板井川)
広報ますだ 2020年04月号 第7回 木造釈迦如来坐像(医光寺)
広報ますだ 2020年03月号 第6回 木造阿弥陀如来坐像(萬福寺)
広報ますだ 2020年02月号 第5回 木造阿弥陀如来立像(教西寺)
広報ますだ 2020年01月号 第4回 僧形神座像(そうぎょうしんざぞう)櫛代賀姫神社(くししろかひめ)
広報ますだ 2019年03月号 第3回 津島家金屋子文書(つしまけかなやごもんじょ)
広報ますだ 2019年02月号 第2回 土佐本田植哥草紙(とさほん たうえうた そうし)
広報ますだ 2019年01月号 第1回 小川家木地屋文書

▼ 特集 今、見えてきた益田市の歴史文化の特色(広報ますだ2018年12月号)⇒ こちらからどうぞ

益田市の歴史文化の特色
益田市の歴史文化の特色(第7回)広報ますだ 2018年12月号
益田市の歴史文化の特色(第6回)広報ますだ 2018年11月号
益田市の歴史文化の特色(第5回)広報ますだ 2018年10月号
益田市の歴史文化の特色(第4回)広報ますだ 2018年09月号
益田市の歴史文化の特色(第3回)広報ますだ 2018年08月号
益田市の歴史文化の特色(第2回)広報ますだ 2018年07月号
益田市の歴史文化の特色(第1回)広報ますだ 2018年06月号

地域自治組織を設立しました
広報ますだ 2020年07月号 かまて地域づくり協議会
広報ますだ 2020年07月号 都茂地域自治組織「ささえ愛都茂」

シリーズ「地域づくり」紹介
広報ますだ 2018年04月号(益田地区、東仙道地区)
広報ますだ 2018年03月号(種地区、都茂地区)
広報ますだ 2018年02月号(真砂地区、二川地区、道川地区)
広報ますだ 2018年01月号(鎌手地区、北仙道地区、豊川地区)
広報ますだ 2017年12月号(吉田地区、高津地区、美濃地区)
広報ますだ 2017年11月号(西益田地区)
広報ますだ 2017年10月号(安田地区、匹見上地区)
広報ますだ 2017年09月号(二条地区、匹見下地区)
広報ますだ 2017年08月号(小野地区、中西地区)

地域自治組織の取組の紹介
広報ますだ 2020年01月号 「匹見上 清流の郷」のまちづくり
広報ますだ 2019年12月号 「益田地区」のまちづくり
広報ますだ 2019年11月号 「種地区」のまちづくり
広報ますだ 2019年09月号 「吉田地区」のまちづくり
広報ますだ 2019年08月号 「二条地区」

「これからの地域自治の仕組み」について
広報ますだ 2017年07月号 「これからの地域自治の仕組み」について

シリーズ「地域づくりを考える」取組紹介
広報ますだ 2017年03月号 まちづくりラウンドテーブルの可能性「最終回」
広報ますだ 2017年02月号 協働のまちづくりの仕組み
広報ますだ 2017年01月号 匹見下地区の取組紹介
広報ますだ 2016年12月号 真砂地区の取組紹介
広報ますだ 2016年11月号 道川地区の取組紹介
広報ますだ 2016年10月号 二条地区の取組紹介
広報ますだ 2016年09月号 市内の状況
広報ますだ 2016年08月号 小さな拠点づくりとは
広報ますだ 2016年07月号 地域づくりってなんだろう?~市の地域づくりの考え方②
広報ますだ 2016年06月号 地域づくりってなんだろう?~市の地域づくりの考え方①

シリーズ「魅力ある地域づくりの取組」紹介
広報ますだ 2016年04月号(中西地区、都茂地区)
広報ますだ 2016年03月号(安田地区、東仙道地区)
広報ますだ 2016年02月号(高津地区、真砂地区)
広報ますだ 2016年01月号(益田地区、匹見下地区)
広報ますだ 2015年12月号(道川地区、種地区)
広報ますだ 2015年11月号(西益田地区、匹見上地区)
広報ますだ 2015年10月号(豊川地区、小野地区)
広報ますだ 2015年09月号(二条地区、北仙道地区)
広報ますだ 2015年08月号(吉田地区、二川地区)
広報ますだ 2015年07月号(美農地区、鎌手地区)
広報ますだ 2015年04月号(匹見上地区、道川地区)
広報ますだ 2015年03月号(鎌手地区、二川地区)
広報ますだ 2015年02月号(中西地区、美農地区)
広報ますだ 2015年01月号(二条地区、小野地区)

クリックで拡大 ▼ 益田市の歴史・文化ページ ⇒ こちらからどうぞ

島根県益田市UターンIターンについて

島根県益田市で新しい生活を始めようとお考えの方へ
益田市は大きく分けて「益田地域」「美都地域」「匹見地域」の三つの地域で成り立っています。気候にも少しずつ違いがあり、それぞれの地域に特色がありますが、 どの地域も豊かな自然に囲まれた住みやすいまちです。海川山の四季折々の食材にも恵まれています。
どの地域も、UIターンの皆様のお越しをお待ちしています。
まずは、相談、見学から始めてみませんか。ますだ暮らし相談員に、お気軽にご相談ください。
▼ くらしまねっとページ ⇒ こちらからどうぞ

いってかえり、ますだ暮らし(益田市定住支援ページ)

益田市は島根県の西の端にあって山口県に接しています。山陰地方の中では比較的温暖で日照時間も長いです。美しい「海、山、川」ぜんぶあり、人もあったかい益田市に住んでみんさい!
▼ 益田市定住支援ページFacebook ⇒ こちらからどうぞ

▼ 益田市定住情報 ⇒ こちらからどうぞ

▼ 移住支援金・UIターン者定住奨励金・新卒者就労奨励金受付中!⇒ こちらからどうぞ

UIターン情報誌「おかえり」の紹介

匹見地域にUIターンされた方々へのインタビューや定住情報などをコンパクトにまとめたUIターン情報誌「おかえり」は年2回発行しています。バックナンバーもご覧ください。

交流から滞在、そして定住へ。ちょこっと匹見を体験したい方は…
匹見地域には農家民泊があります。農家でゆったりのんびり匹見を体験してみませんか。
UIターン情報誌「おかえり」2021年3月号が発行されています。

▼ UIターン情報誌「おかえり」2021年03月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2020年11月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2020年03月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2019年10月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2018年03月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2017年11月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2017年03月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2016年10月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2016年03月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2015年11月号 ⇒ こちらからどうぞ
▼ UIターン情報誌「おかえり」2015年03月号 ⇒ こちらからどうぞ

▲ページのトップへ戻る

島根で農業しませんか?

島根県青年農業者等育成センターとは
「新たに農業を始めよう!」と考えている方々に、情報の提供や相談活動等を行う機関です。しまね農業振興公社に設置されており、青年農業者の育成や確保を目的とした活動をしています。
▼ しまね農業振興公社(島根県青年農業者等育成センター、島根県農地中間管理機構)⇒ こちらからどうぞ

北仙道の明日をつくる会の紹介

SNSで「#北仙道」でつぶやいてみよう。
北仙道の良さが見つかったら、ぜひ写真を撮ってSNSに投稿してみてください。投稿内容に「#北仙道」を入れることで、北仙道の良さを全国に発信できるだけでなく、趣味・関心の似た人で話題を共有することができるようになります。

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

農業を始めたい方を応援します、美都いちご

益田市でイチゴづくりはじめませんか、益田市美都町の特産「美都いちご」
甘くて薫り高い美都いちごには、農家の愛情と努力がギュッと詰まっています!そんないちごを育ててみたい方、農業に興味のある方に、就農から独立までのステップを紹介します。

▼ 詳しくは ⇒ こちらからどうぞ

企業広告欄の募集

トップページに企業広告欄を設けています。
年間2万円、申し込み順にリンクバナーを掲載します。
詳しくは近畿益田会事務局までお問い合わせ下さい。
詳しくは ⇒ こちらから

ホームページへのリンク集

facebookへのリンク集

このページのトップへ

Supported by CyNet

トップページ

部活動の紹介

お問い合わせ

益田市へのリンク
益田市へのリンク
益田市観光協会へのリンク
東京益田会へのリンク
益田商工会議所青年部へのリンク
シマネスク島根大阪事務所へのリンク
島根県芸術文化センター「グラントワ」へのリンク
なつかしの石見へのリンク
津和野町観光協会へのリンク
ピュアラインへのリンク
京都島根県人会へのリンク
益田翔陽高校同窓会へのリンク
益田高校同窓会へのリンク
益田のおすすめ特産品情報Facebookへのリンク
萩・石見空港マラソン全国大会へのリンク
萩・石見空港利用拡大促進協議会が管理運営を行っている萩・石見空港ウェブサイト
益田市景観ブログへのリンク
匹見町観光協会へのリンク
匹見自慢ブログへのリンク
美都町特産観光協会へのリンク
島根県立万葉公園へのリンク
島根観光ナビへのリンク
関西江津会へのリンク
関西浜田会facebookへのリンク
近畿松江会へのリンク
写真ブログページへのリンク

  企業広告欄
ホームページへのリンク
ホームページへのリンク
ホームページへのリンク
ホームページへのリンク
 バナー広告募集中